日本製品不買運動が持続…韓国ファッション企業、独島エディション予約販売830%増加



 日本製品の不買運動が長期化する中で、韓国ファッションブランドの愛国マーケティングも続いている。

 9日、アウトドアブランド「K2」によると、最近発売された製品「2019KOBOLD独島(トクド、日本名・竹島)エディション」は昨年同期比オンライン販売量が830%増加した。この製品は若年層が多く訪れるオンラインファッションモール「MUSINSA(ムシンサ)」のアウター(上着)部門で過去1カ月、検索ランキング上位圏を維持している。

 K2のKOBOLD独島KOBOLエディションは「ラブコリア」プロジェクトの一つとして、自国の土地の大切さを再確認するために独島の日(10月25日)を象徴して1025枚を限定販売する。KOBOLDダウンジャケットはトレードマークの太極旗ワッペン(ジャケットや帽子に付ける装飾)デザインを適用し、2011年に初めて発売された。昨年、独島エディションが初めて公開された。2019KOBOLD独島エディションは太極旗ワッペンに独島イメージと文字を追加した特別な製品だ。上腕の部分に独島のワッペンを付け、背中の部分に独島の緯度や経度をはじめ独島の意味を込めた文を追加した。

 これに先立ち、K2は今年初めから三一節(独立運動記念日)100周年を記念した「3・1ジャケット」や社会的企業「独島文房具」とコラボレーションした独島Tシャツなど国愛の意味を込めた新製品を発表する「ラブコリアプロジェクト(LOVE KOREA PROJECT)」を年中進めている。K2衣類企画チームのイ・ヤンヨプ部長は「今年始めたラブコリアプロジェクトの一つのKOBOLD独島エディションは製品力はもちろん、意味まで加えて消費者から良い反応を得ている」とした。

 K2は秋にはラブコリアプロジェクト第4弾として、白頭山脈シリーズを発売する。K2白頭山脈シリーズは白頭山(ペクドゥサン)から智異山(チリサン)まで続く韓半島(朝鮮半島)の最も大きく長い山々の連なりを意味する白頭山脈に住む虎をモチーフにした防風ジャケットとフリースジャケットで構成されている。

 ELAND(イーランド)ワールドの製造・流通一括型(SPA)ブランドである「SPAO」も国産ブランドのイメージを前面に出して「ロボットテコンV」とコラボレーションした新製品を発表することもした。半袖TシャツやエコバックなどにロボットテコンVの現代的なデザインを適用した。

 ELANDアクセサリーSPAブランド「LATEM(ラテム)」も先月、光復(解放)74周年を記念してムクゲの時計やネックレス2種セットを発売した。韓国女性独立運動研究所とコラボレーションして発売したこの製品は国花であるムクゲをモチーフに製作された。イーランドはムクゲ2種セットの販売金額の一部を韓国女性独立運動研究所に寄付して独立有功者子孫を助ける計画だ。

 新星通商(シンソントンサン)が運営するToptenは先月、光復節記念Tシャツを発売した。このTシャツの前面には1945という数字が配置され、裏面には独立運動に先に立った殉国烈士の名前や写真、主な業績がプリントされている。

 一方、国内ファッションブランドはウインターシーズンを控えてユニクロの代表商品である「ヒートテック」と「フリース」の代替商品の開発にも集中している。SPAOは発熱下着「ウォームテック」の生産量を昨年比240%増やした。Toptenも発熱下着「オンエア」の物量を昨年比5倍に引き上げて生産する計画だ。

 ポリエステルに起毛加工を施して羊毛のようにして作ったアウターであるユニクロの「フリース」の対抗馬も次々と登場している。K2は今年、フリースの物量を前年対比3倍程増やした。NEPA(ネパ)はフリースショートとロングの新製品を発表してダウンジャケットの材料を結合した製品も準備している。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/421/257421.html


不買して買いたくないぐらい憎い相手の商品を真似る。それを買う者がいるのか? このあたりの矛盾はどうでもいいのだろうか?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク