元イタリア代表FWヴィエリ氏「俺が韓国人なら恥ずかしい」、韓国人記者「彼はいまだに痛い、混乱した敗者」―中国メディア



2019年9月9日、中国のサッカーメディア「虎撲足球」は、元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ氏が2002年日韓ワールドカップ(W杯)韓国戦を回顧し、「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろう」と発言したことに対し、韓国人記者が「彼はいまだに痛い、混乱した敗者だ」と反発したと報じた。

2002年日韓W杯の決勝トーナメント1回戦、韓国対イタリア戦では、韓国選手のカード相当のラフプレーが複数回見逃され、イタリアのゴールが取り消されるなど、審判による不可解な判定が連続。試合は延長戦の末に韓国が2-1で勝利した。

虎撲足球によると、ヴィエリ氏はこのほど、スペインメディア「マルカ」のインタビューで、韓国戦を振り返り「われわれに対するファウルは何も取られなかった」「こんなことがW杯で起きるなんて思っていなかった」「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろうね」などと述べた。




これに対し、Goal.comの韓国人記者、Steve Han氏は9日、自身のツイッターを更新し、「19年後(注:正しくは17年後)、ヴィエリ氏はいまだに痛い、混乱した敗者だ。彼は『韓国選手は恥ずかしいと思うべきだ』と語ったそうだが、冗談も大概にしてくれ。その試合では、韓国の方がイタリアよりも多くのファウルを取られていた」などとつづっているという。(翻訳・編集/柳川)



【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b743643-s0-c50-d0054.html


自国の親玉も自慢気に白状していただろうに。あんたらの国内以外は皆ヴィエリ氏と同じ意見ですよ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク