「竹島は日本領」と米認識 政府、豪文書でも確認



 内閣官房は10日、終戦から5年後の1950年に、米国政府が島根県・竹島を日本領と認識しているとの見解をオーストラリア政府に伝えた内容が記載されたオーストラリア側の文書が見つかったと発表した。同じやりとりに関する米側の文書は既に公開されている。米豪双方から米国の認識が確認されたことで、日本の立場がより補強された形だ。

 宮腰光寛領土問題担当相は10日の記者会見で「従来のわが国の主張を改めて裏付けるものだ」と強調した。

 資料は、米政府がサンフランシスコ講和条約の起草段階で、日本の領域に関するオーストラリア政府の質問に答えた文書。

【共同通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000133-kyodonews-pol


国際裁判所に訴えるのと同時に制裁で圧力を加え、返還なき場合は敵国認定するとの通知をするべき。いつまでも抗議や遺憾では埒が明かない。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク