東京五輪で旭日旗持ち込み禁止を IOCに書簡=韓国当局



 韓国の文化体育観光部は11日、朴良雨(パク・ヤンウ)長官が国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長宛てに書簡を送り、東京五輪・パラリンピック組織委員会が旭日旗の競技場への持ち込みを禁止しない方針を示したことに「深い失望と憂慮」を表明し、「旭日旗使用の不当性を説明して使用禁止措置を要請した」と明らかにした。

 書簡では旭日旗が19世紀末から太平洋戦争などの日本帝国主義のアジア侵略戦争時に使われた日本軍の旗で、現在も極右団体の外国人に対する差別・憎悪をあおる集会などに使用されていることを指摘した。

 また、ナチスのハーケンクロイツが欧州の人たちに戦争の悪夢を思い出させるように、旭日旗は日本の侵略を受けた韓国や中国、東南アジア諸国に歴史の傷を想起させる明白な政治的シンボルだと主張した。

 国際サッカー連盟(FIFA)も旭日旗の使用を禁止していることを説明した。

 その上で、旭日旗の使用は世界平和の実現や人類愛を実践する五輪の精神や価値に真っ向から反すると強調。IOCに対し、東京五輪組織委が方針を撤回して旭日旗の持ち込み禁止に向け徹底した対策を講じるよう、積極的な役割を果たすよう要請した。

【聯合ニュース日本語版】https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190911002100882


日本政府は堂々と戦え。国民は本当に怒りに震えています。向こうはサッカー選手がついた嘘から始まったこの件に、政府までその気になって乗り出しています。日本も政府が出て潰すべきでしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク