韓国は天皇即位式に来るな!



天皇を「日王」と呼ぶ韓国
10月22日に、「即位礼正殿の儀」が行われる。この儀式を通して、天皇が自らの即位を内外に示す。各国から要人が招かれ、アメリカのペンス副大統領、中国の王岐山国家副主席、イギリスのチャールズ皇太子などの参列が決まっている。

韓国は(イ・ナギョン)首相が参列する予定であると報道されている。多くの日本人が「来るな」と思っているだろう。日本政府も韓国に招待状を出すべきではない。

文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長が2月7日、ブルームバーグのインタビューで、従軍慰安婦問題を天皇が謝罪すべきと発言したが、この暴言に対する正式な謝罪を求めることが先決であり、招待以前の問題である。招待などすれば、外交儀礼の筋が通らないばかりか、また、いつものように、韓国は「日本が我々の正義に屈した」などと勘違いしてツケ上がるだけだ。

天皇陛下を「天皇」と認めず、「日王」と呼ぶ韓国の参列を拒むのは充分な理由がある。日本のメディアでは、文喜相議長の発言を「天皇」と訳し変えて伝えているが、文議長は実際には、「天皇」とは言っておらず、「王」と韓国語で言い表している。

李明博(イ・ミョンバク)元大統領は2012年、天皇陛下を指して「日王」と呼び、「日王が韓国に来たければ、独立運動家に謝罪せよ」と発言したこともあった。

なぜ、韓国は天皇を「天皇」と呼ばないのだろうか。明治維新を遂げた日本の新政府は1868年、国交と通商を求める国書を朝鮮に送った。しかし、朝鮮はこの国書の受け取りを拒否した。国書の中に、「皇」や「勅」の文字が入っていたからである。「皇」や「勅」を使うことができるのは中国皇帝のみであり、こうした国書は日本の中国皇帝に対する挑戦であり、容認できるものではない、と朝鮮は考えた。これは、華夷秩序という儒教に基づく考え方で、中華に周辺国が臣従することにより、国際秩序を維持すべきとするものだ。

朝鮮はこうした考え方を歴史的に有しており、天皇を「皇」の字のある「天皇」とは決して呼ばず、「倭王」と呼んでいた。近代以降は「日王」と呼んだ。中国皇帝に服属する朝鮮王が中国皇帝と対等な「天皇」を認めてしまうと、朝鮮は日本よりも下位に置かれてしまうことになるため、「天皇」を頑なに拒み続けた。

---  華夷秩序、三跪九叩頭の礼、属国などについて 省略 ---

話題の『反日種族主義』の著者、李栄薫(イ・ヨンフン)教授は以下のように述べている。

「多くの韓国人は朝鮮王朝を非常に美しい高尚な人の国だと考えている。 そして非常に不道徳で暴力的な日本帝国主義が入ってきて朝鮮王朝を滅亡させたと考えている。そういう歴史教育、歴史意識を持っていては、決して大韓民国は先進社会、先進国として発展することが出来ないだろう。」

宇山 卓栄   著作家
1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。大手予備校にて世界史の講師をつとめ、現在は著作家として活動。『「三国志」からリーダーの生き方を学ぶ』(三笠書房)、『世界一おもしろい世界史の授業』(KADOKAWA)、『世界史は99%、経済でつくられる』(扶桑社)、『民族で読み解く世界史』(日本実業出版社)などの著書がある。

【アゴラ】http://agora-web.jp/archives/2041777.html


その通り。来てほしくありません。「日王」などという言葉を作り、しかも蔑むのが目的とは呆れ果てて・・・ そんな国から来てもらっても、「祝う」という心があるとは思えない。日本政府が招待するとなれば、それは国民に対する裏切り。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク