韓日議員連盟の姜昌一会長「日本の多くの人が李首相を信頼…画期的なことを予想」


「参考画像:姜昌一」

韓日議員連盟会長の姜昌一(カン・チャンイル)議員(共に民主党)が21日、李洛淵(イ・ナギョン)首相の訪日について「日本の多くの方が李首相を信頼していて、知人も多いため、多くの役割をしてくるはず。画期的なものを持って帰ってくるのではないかと思う」と述べた。

姜議員はこの日、BBSラジオの番組「イ・サンフィの朝ジャーナル」に出演し、「韓日関係の解氷のきっかけ、関係改善の突破口を用意できるかの目安になるはず」とし、このように話した。

姜議員は「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)、ホワイト国撤回を同時に解決しようという形の大きな絵を持って行かなければいけない」とし「実務者間で多くの協議をし、成果が導き出された時、首脳会談も可能だというのが一つの期待だ。見守ってみよう」と述べた。

姜議員は31日に東京で開催される韓日議員連盟総会ではGSOMIA、ホワイト国撤回、強制労役、在日韓国人問題などを議題にすると伝えた。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/258750


そんな人日本にいるの? 信用とか信頼という言葉に最も縁遠いような国にしか見えませんが。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク