【コラム】「シャワー室歌唱力」を信じない大統領



--- 省略 ---

恥も知らない。事理分別力もない。他国の大統領を自分の手下のように扱い、欠礼も気にしない。「私は米国の大統領だ」という態度だ。そして自分に不利なことは無条件に「それはフェイクニュースだ」と叫ぶ。このため1776年以降に選出された44人の歴代大統領のうち最低の評価を受ける。米政治学会の調査の結果だ。100点満点でわずか12.34点。そうだ、1位の部門もある。ゴルフの実力だ。にもかかわらず40%ほどの支持率を維持しているのは、米国国民がろうそくを持ってホワイトハウスの前に集まらないのは▼強い経済▼弱い野党▲FOXニュースの3セットのおかげだ。

隣国の日本の安倍首相も変わらない。来月20日、安倍首相は在任期間2886日で歴代最長寿首相となる。名実ともに「安倍1強体制」だ。しかし政敵を撃つ手腕やトランプ大統領の歓心を買う緻密さはあるとしても、指導者としての資質には疑問符がつく。

北朝鮮を訪問して植民統治について謝罪し、日本人拉致問題の謝罪を受けた小泉元首相のような度量も、「中国が要求するたびに謝罪しよう。お金がかかることでもなく、後に中国がおのずと疲れて謝罪を要求しなくなるはず」として大胆に歴史問題を払拭した竹下元首相の鋭い洞察力も安倍首相には見られない。ただ、目の前の自尊心、頑なで極端な民族主義の理念が先立つだけだ。

韓国との外交葛藤に経済報復を突きつけた日本の首相は安倍首相が初めてだ。隣国の友邦の韓国を嫌韓レベルでなくおかしな国にした。22日に韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が訪日して安倍首相に会うというが、外交的な握手と微笑み、他国の首脳より5分ほど長いもてなし程度だろう。野党も圧力を加えず、世論も味方で、財界もいかなる声も出さないのに、貿易規制措置を「先に解除」する度量を安倍首相に期待するのは無理だろう。計算ばかりするトランプ大統領も偏狭な安倍首相も五十歩百歩だ。米国国民も日本国民も本当に「指導者の運」がない。しかし「愛」すれば似ていくという。安倍首相もトランプ大統領のように▼強い経済▼弱い野党▼穏やかなメディアという『3セットの運」を持って生まれたのだからやむを得ない。

--- 以後省略 ---

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/258796


全部自分の歪んだ目で見たものを、おかしな頭で分析した結果を文章にしたかのよう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク