日韓合同でりゅうぐう観測 来秋にも、北大の特殊望遠鏡で



 探査機はやぶさ2が着陸、調査した小惑星りゅうぐうについて、日韓合同チームが地上からの観測を来年秋にも新たに始めることが18日、分かった。北海道大付属天文台(北海道名寄市)が持つ特殊な望遠鏡で、はやぶさ2のカメラでは見えないほど微細な砂粒の有無を調べる。観測データの解析に韓国側が加わる予定で、小惑星の形成過程を知る手掛かりが得られると期待される。

 チームの取りまとめ役でもあり、韓国の学生と共にデータ解析に当たる石黒正晃ソウル大教授(太陽系天文学)は「はやぶさ2が調べきれなかった謎を解明したい」と意気込んでいる。(ソウル共同)

【共同通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000029-kyodonews-soci


日本側には何のメリットも無いように見えますが? こんな事を進める人の目論見って何? なぜそこまでしてアノ国と関わろうとする? 特殊な望遠鏡も日本側が持つようで、北海道大学なら国立。日本の資産をこれ以上アノ国関連で使うのはやめてもらいたい。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク