DNA分析で先祖探し…韓国生まれの韓国人記者、韓日中の混血だった



単一民族はなかった。倍達の民族も、檀君の子孫も…。韓国生まれの韓国人という人たちの血統は韓国・日本・中国、3カ国の混血だった。ここにすべてではないが、モンゴルの血統もそっと混ざった。中国人と日本人も大きく異ならない。血統構成比の中心はやはり韓日中だ。独島(ドクト、日本名・竹島)、慰安婦、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題で、高高度防衛ミサイル(THAAD)問題などで、それぞれ韓日間、韓中間の現実対立は続いているが、「チャンケ(韓国語で中国人に対する蔑称)」「チョッパリ(韓国語で日本人に対する蔑称)」「チョーセンジン」の正体はこうだった。

記者が直接DNA分析を通した「先祖探し」をしてみた。保健福祉部で実施しているDTCパイロット事業に選ばれた民間企業のEDGCを通じてだ。簡単だった。サンプル収集キットの中に入っているプラスチックチューブに唾液を入れればそれだけだった。必要な量は1ミリリットル。検査結果は1週間後に出てきた。「韓国47.89%、日本25.14%、中国26.97%」。気分は妙だった。代々慶尚南道慶州(キョンサンナムド・キョンジュ)の南山(ナムサン)のふもとで暮らしてきた地元生まれの慶州崔氏、統一新羅時代の大学者崔致遠(チェ・チウォン)から32代目のDNAに韓国と中国、日本がすべて入っているとは…。

--- 以後省略 ---

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/259824


何を指して「日本人の」「中国人の」と断定しているのか? それに自らに日本を多くしていますが、普通に考えるとモンゴルの方が多いでしょう。個別にそんなケースはあっても、日本人とアノ国は違いが大きいと思いますよ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク