韓国は堂々と叩きのめし、中国は面子を立てるべし



GSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)騒動で安倍政権が成功したのは、韓国政府に対して相手の面子を気にすることなく正論で堂々とたたきのめすくらいのつもりで、強硬一本槍にしたことだ。韓国にはそれが正しい「トリセツ」なのに、これまで、日本的なやさしさを発揮して足して二で割るから馬鹿にされてきたのである。

今回は日本もアメリカも遠慮なく強く出たからこそ当たり前の結論に達することができたのだ。遠回しに促したり、面子が立つ解決をなどと配慮してはだめなのである。

ただし、中国にはそれをしては絶対にいけない。中国は面子の国だし、韓国は事大主義(強い者に従うことが正しいという考え方)の国なので使い分けが必要なのである。どんなことあっても、中韓混同してはいけないのである。

中国人はお金を貸して欲しくてもなかなかそうはいわない。ただ、相手の気持ちを推し計って貸すようにすればきちんと感謝してくれる。

--- 省略 ---

韓国経済は、日本から得た資金と技術で漢江の奇跡をなしとげた。ところが、それをいうことは、「民族の誇りである漢江の奇跡への侮辱」だそうだ。国交回復時の援助や借款でもあまり役に立たなかったとかいい、感謝もしてくれないのである。

むしろ、弱みを握られているような気分で両国間の隙間風の材料になることすらある。一方、韓国は足蹴にされると相手に一目置く。習近平、金正恩、トランプから屈辱的な扱いだが、ますます尊敬し尽くしたいようだ。安倍首相についても、大阪で毅然と対応したら折れてきた。

朝鮮統治でも、伊藤博文は、なんとか韓国から自助努力を引き出そうとし、独立と自治を認めようとして、誠心誠意、高宗に尽くしたがなめられただけだった。先の陛下は訪韓を希望され、ゆかり発言などもされたが、土下座して謝らせるとか、日王は百済王室の末裔であることを認めたといわれただけだった。鳩山由紀夫は土下座コメディアンとして重宝されているだけだ。

【アゴラ】http://agora-web.jp/archives/2042864.html




アノ国と、どうしても関わらざるをえない場合の対処法みたいなものが出てきました。以前から言われているような事ですが、嘆かわしい事ながら日本は実践していないですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク