ショートトラックでまた韓国選手同士が「仲間割れ」=中国ネットは冷ややか



2019年11月30日、中国の動画アプリ梨視頻の微博アカウントは、日本で行われたスピードスケート・ショートトラックワールドカップ大会のレースで、韓国選手同士による妨害が再び発生したと報じた。

同アカウントは、30日に行われたショートトラックW杯名古屋大会の女子1500メートルA決勝で、韓国のキム・アランが同じく韓国のキム・ジユとインコースを競り合う中で背後からキム・ジユを押しのけようとする動きを見せたとして失格処分を受けたと紹介した。

このレースでは結局「被害者」のキム・ジユが優勝したが、同アカウントではこれまでにも韓国勢による「仲間割れ」がしばしば発生しており、昨年の平昌五輪女子1000メートルA決勝では押しのけ合った韓国選手2人がいずれも転倒する結果になったと伝えている。


今回再び発生した韓国選手同士の「仲間割れ」に、中国のネットユーザーからは

「実に韓国らしい」
「スポーツマンシップがちっとも感じられない」
「もはや伝統芸能」
「中国選手を押しのけようとしたのではないから、まあいいけど」
「今回が初めてではないし、今回がきっと最後ではない」

など、冷ややかなコメントが続々と寄せられている。(翻訳・編集/川尻)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b763787-s0-c50-d0135.html




いつまで経っても同じ事の繰り返し。根本的な解決策を実行する者はいないのか?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク