10年かけて開発した韓国産LNGタンク技術…197億ウォンかけて補修も同じ欠陥



韓国造船会社を支えているLNG船。この船には液化天然ガス(LNG)を保管するタンクがある。マイナス160度で維持されるべき超低温のLNGを保管できる技術を保有する企業がフランスのGTTしかないため、韓国造船会社はLNG船1隻に最大100億ウォン(約10億円、船舶価格の5%)のロイヤリティーをこの企業に支払わなければならなかった。

韓国ガス公社と主要造船会社が2004年から10年間の国産化作業を通じて開発したのが「KC-1」(韓国型タンク核心設計技術)だ。LNG船1隻に最大36億ウォンの費用を支払えばよい。国産技術であるため国富の流出もない。

ところが2018年4月、この技術を適用したLNG船2隻の船体の外壁に結氷が発生した。その後、197億ウォンを投入して一度補修したが、昨年5月にまたも同じ欠陥が表れた。先月、2度目の補修に入ったLNG船2隻について「修理完了後にもまた欠陥が表れるおそれがある」という指摘が出ている。

--- 以後省略 ---

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/260173


世界に唯一フランス企業しか持たない技術・・・ それを使いつつ10年かけて開発した「韓国型タンク核心設計技術」www なぜか名前を見ただけでこみ上げてくるのですが・・・ で開発はしたが問題部分が解決できない。10年も何をしていたんだという話なのかな?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク