旭日旗の歴史を“嫌悪”で通報?茂木外相を韓国教授が批判「まことに恥ずかしい限り」



2019年12月15日、韓国・国民日報は、茂木敏充外相に旭日旗関連のメッセージを送った徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学教授が、茂木外相から「驚きの対応」を受けたと報じた。

徐教授は13日、茂木外相のツイッターに「旭日旗はドイツのハーケンクロイツのような戦争犯罪に使用されたことを知りませんか?日本の外務省として恥ずかしくもないんですか?この動画をみて歴史を勉強してください」との文章と旭日旗に関する日本語の映像のURLを掲載した。これは、韓国の文化体育観光部が最近、公式ツイッターに「旭日旗は憎悪の旗」と書き込んだことに対し、茂木外相が「日本の立場と相いれず、極めて遺憾」と反発したことを受けての投稿だった。

記事によると、徐教授は15日に自身のインスタグラムを更新。上記の自身のツイートに対して返ってきたのは「嫌悪行為によるツイッターアカウントの一部機能の一時的制限だった」とし、「私のツイッターの文章と映像には一言も反論できないのに、嫌悪行為として通報して機能を制限するとは、一国の外相としてまことに恥ずかしい限り」と批判した。

また、「私はツイッターで正しい旭日旗の歴史を教えただけ」とし、「日本の右翼たちはいつも私のSNSの文章を通報するが、そうしたところで歴史の真実は隠せない」と強調。「日本の内閣と右翼たちはなぜこんなにも考えが浅はかなのか」とし、「韓国に対する妄言を繰り返す安倍内閣を放っておかない。徹底した対応で日本の歴史歪曲(わいきょく)を世界に知らせ、世論で日本政府に圧力を掛け続ける」との考えを述べたという。


これに韓国のネットユーザーからは
「尊敬する」
「そんな幼稚な対応に負けないで」
などと応援する声が上がっている。

また
「ツイッターがこれを通報として受け入れたことが驚き」
「日本が旭日旗の歴史を嫌悪行為と考えている証拠では?」
「僕たちも旭日旗を見たらすぐに嫌悪行為としてツイッターに通報しよう」
との声も。

一方で
「日本はムカついていると思うよ。韓国人が日本旅行や日本文化を思う存分楽しんでおいて、いまさら歴史を蒸し返すんだから」
「意外だな。正直、ツイッターは韓国人の日本に対するヘイト発言をずっと放置してきた」
などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b767291-s0-c30-d0058.html


本当に馬鹿なやつだなぁ。日本では常識ある大人は「悪口の言い合いのような争い」はしない。自国の物差しで外国を比べない方がいい。あんたらはチョット違う。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク