「米韓同盟はさまざまな面で緊張関係」米議会の報告書に韓国ネットは…



2019年12月17日、韓国・KBSによると、米議会調査局(CRS)が「米韓同盟はさまざまな面で緊張関係にある」とする報告書を発表した。

記事によると、CRSのアジア問題専門家であるエマ・チャンレット・エイブリー氏は10日に発表した報告書で、米韓同盟を緊張させた要因について「トランプ大統領の米軍部隊を朝鮮半島から撤収させるという発言と同盟の価値についての批判は、米国の安全保障の約束に対する韓国の疑心を大きくした」と説明。その上で「米韓の防衛費負担金をめぐる対立、戦時作戦統制権返還の時期と条件をめぐる対立、北朝鮮と中国へのアプローチ方法をめぐる対立も緊張要因になり得る」と指摘した。

また、先月行われた韓国のある世論調査で「韓国人の約70%が、駐韓米軍が縮小したとしても防衛費の拡大に反対する」と考えているとの結果が出たことを紹介しつつ「米軍駐屯に対する大衆的支持の下落は、同盟の政治的生存の可能性を弱化させる」と指摘。さらに「駐韓米軍の大規模な縮小や撤収は、日本を北東アジア唯一の主要な米軍駐屯地にする」とし、「米国の同盟を長いこと批判し続けてきた中国とロシアが米軍縮小を歓迎するだろう」と予想したという。


これに韓国のネットユーザーからは
「北朝鮮が大喜びだ」
「北朝鮮好きの文大統領のせいで米韓同盟が危険な状態になっている」
「過去の政権では米韓同盟を心配したことなんてなかったのに」
「駐韓米軍の撤収を願う人たちは韓国が滅びて北朝鮮に吸収されることを願う人たちだよ」
など米韓同盟の現状に不安を示す声が上がっている。

一方で、
「韓国はロシアや中国に勝ちたいのではなく、たった5000万人の国民を守り、平和を維持できればいい。それなのに米国は韓国軍を使い、朝鮮半島を世界制覇の前哨基地として利用し、さらにお金まで要求している」
「原則に戻ろうよ。米韓同盟は重要だ。だけど韓国を1950年代の韓国と考えてもらっては困る。必要なのは相手を尊重する同盟だよ。米軍が本当に撤収したいならしてもいいけど、韓国のことには口出ししないで」
「米軍が出て行けば核保有ができて、韓国は強くなれる」
などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b634186-s0-c10-d0058.html


中国、ロシア、南北朝鮮、日本の周りにはロクな国がない。アレら国々の国力を可能な限り削り、日本国の核武装を心より願います。枕を高くして眠るにはそれしかないでしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク