額賀氏「安倍首相は日韓関係解決の意志ある」 韓日議連会長との会合で



 超党派でつくる韓日議員連盟所属の姜昌一(カン・チャンイル)会長は9日、聯合ニュースに対し、8日に日韓議連の額賀福志郎会長と夕食会を行ったことについて、「額賀会長に安倍晋三首相は韓日関係を解決する意志があるのかと聞いたら、『日韓関係を解決する意志がある』と答えた」と伝えた。

 姜氏は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領も韓日関係を解決する意志があるので、しっかり解決しようと話した」と述べた。

 両氏は夕食会で、強制徴用問題など両国の懸案について意見交換した。姜氏は徴用被害者を支援する両国の弁護士らが同問題の解決策として協議会設置を提案したことや、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長らが徴用問題解決に向けた法案を国会に提出したことなど、韓国側の取り組みについて説明した。

 一方、韓日議連所属の与野党の4議員が同日午後に訪日する予定で、姜氏を含む5人は10日に在日本大韓民国民団(民団)の新年会や韓日・日韓議連の昼食会に出席する。

【聯合ニュース日本語版】https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200109002500882


大部分の国民にはその気が無いのですが・・・ 関係の継続も望んでいません。 国民の意思を尊重して下さい。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク