世界銀行「日本の輸出規制、世界経済を脅かす要因」


「世界銀行」

世界銀行は、日本の輸出規制措置に伴う韓日緊張関係の持続が世界経済を脅かす要因として作用するとの懸念を示した。

世界銀行は8日(現地時間)に発表した「世界経済見通し(Global Economic Prospects)」を通じて、今年世界経済が2.5%成長すると見通した。昨年6月に出した今年の見通し2.7%を0.2%ポイント下方修正した数値だ。

世界銀行は主要先進国の製造業不振と東アジア、太平洋地域の貿易紛争が世界経済を脅かす要因だと指摘した。世界銀行は東アジア・太平洋地域の経済成長率が昨年5.8%から今年5.7%に鈍化すると見通した。直前の見通し5.9%と比較すると0.2%ポイント低い。

また世界銀行は、日本の輸出規制が昨年末の韓日首脳会談以降も顕著な改善がみられないでいるとし、東アジア地域の貿易縮小を脅かす主要要因になると指摘した。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/261376


そんなわけないでしょう。日本が売らない、アノ国が作れない、他で作ればいいだけ。代わりはいくらでもあります。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク