日本政治家で性差別発言ワースト1位は麻生副総理、2位は安倍首相



安倍首相が日本政治家の中で性差別発言ワースト2位にのぼった。大学教授らで作る「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」(以下、許さない会)は昨年政治家の性差別発言についてネットユーザーを対象に投票を行った結果、「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して投票箱に足を運んで」という安倍晋三首相の発言が得票率23.2%でワースト発言2位になったと11日、発表した。これは安倍首相が昨年7月衆議院選挙遊説の過程で投票を呼びかけながら話したことだ。

許さない会はこの発言が結婚と恋愛に関して「性別によて二重の基準」を適用したものであり、「既婚男性の婚外恋愛を前提としたもの」と言った。

最悪の発言をした政治家1位は得票率34.1%を記録した麻生太郎副総理兼財務相だった。昨年2月少子化・高齢化に関して話しながら「年寄りが悪いみたいなこと言っている変なのがいっぱいいるけど間違ってますよ。子どもを産まなかった方が問題」と話したのが問題の発言に選ばれた。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/261452


本当に赤字にした部分のような発言をしたのでしょうか? こんな不道徳な発言を投票を呼びかける場でするとは考えられないのですが・・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク