徐敬徳教授、IOC委員長に「東京五輪での旭日旗応援禁止」要請


「バッハIOC会長に送った手紙と旭日旗が削除された事例の資料、だそうです。」

徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授がトーマス・バッハ国際オリンピック組織委員会(IOC)委員長に「今年開催される東京五輪で旭日旗を使用した応援を公式的に禁止してほしい」と要請する手紙を16日に送った、と明らかにした。

韓国や中国は旭日旗の使用に反対しているが、IOCは事案別に判断するという立場だ。また、東京オリンピック組織委員会は旭日旗の競技場持ち込みを認めることに問題はないという考えを明らかにした。

徐教授は「旭日旗はドイツのハーケンクロイツのような『戦犯旗』で、五輪でこの旗を振ることは第2次世界大戦当時に戦犯国から被害を受けたアジアの人々の心をまた傷つける」と強調した。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/261582


日本がいつまでも怒りを発信しないからここまで来たと思います。言い出した時に、制裁して締め上げておけばこんな事にはならなかった。遅くなってしまいましたが、今からでもやれば良いでしょう。やめないと自分たちが苦しむ、そんな環境を与える事が大事。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク