体のためには日本式?韓国ネットが日韓の食事作法を比較



2020年1月15日、韓国のインターネット掲示板で「日本式食事作法の長所」と題したスレッドが話題になっている。

スレッド主は日本と韓国の食事作法を比較している。日本については「片手でご飯茶わんも持って食べる(汁物もおわんを持って食べる)」とし、その長所として「腰を曲げたり首を深く下げる必要がない」としている。

一方、茶わんや皿を手に持たずに食べるのがマナーとされている韓国については「腰と首に無理がかかる。食べる時は体内の臓器も折れ曲がるので体に良くない」との考えをつづっている。


これを受け、ネット上では
「首のヘルニアになったせいか、日本の食べ方がいい気がする」
「持って食べた方が楽だよね」
と賛同の声が上がっている。

一方で
「汁物は韓国のようにスプーンを使った方が優雅だし、こぼさず食べられる」
「韓国スタイルの方が品位がある。欧米だってお皿を持たないよ」
と反論の声も負けていない。

あるユーザーからは
「朝鮮の高い位の人たちは頭を上げて食べていた。それなのに産業化以降、食べ方がおかしくなった」
とのコメントも寄せられていた。(翻訳・編集/松村)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b179455-s0-c60-d0127.html


スプーンなんて使えるようになったのは最近でしょう。昔の写真を見る限り、そもそもマトモに食事をしていたのかさえ分からない。で、何かを食べる時は「ハンド(hand)」、手が有力視されるのですが・・・ まあ、日本の事は気にせず好きなように食べて下さい。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク