韓国紙が「イニエスタ16年ぶり来韓」に注目 ACLで水原三星と激突、チケット完売は確実


「ヴィッセル神戸」

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するJ1リーグのヴィッセル神戸は、ACLに出場可能な外国籍選手の3人に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン、ブラジル人FWドウグラスを登録した。これを受けて、韓国メディアは「イニエスタが16年ぶりに来韓する」と大々的に伝えている。

 ACLグループステージで、神戸とG組で同居する韓国勢は水原三星ブルーウィングスだ。韓国のスポーツ紙「スポーツワールド」は、「イニエスタが水原三星ホームの“ビッグバード”(水原ワールドカップ競技場)に来る!」と報じ、2月19日の第2節で大物選手が来韓することに期待を寄せている。

 イニエスタはバルセロナに在籍していた2004年、水原ワールドカップ競技場で水原三星と対戦。この試合は水原がバルセロナに1-0で勝利した。同紙は「イニエスタにとっては16年ぶりの水原三星との対決ということもあり、韓国内は大きな関心を寄せている」と伝えている。

 また、同じく韓国のスポーツ紙「MKスポーツ」は「イニエスタのほかにもフェルマーレン、ドウグラスと豪華なメンバーが控えている」と神戸の戦力を警戒しており、ホームでの“韓日対決”が激しい試合になると予想している。

 一方で、水原三星も今季の戦力に自信をのぞかせる。元韓国代表で主将のMFヨム・ギフン、昨季Kリーグ得点王(20ゴール)で元オーストラリア代表のFWアダム・タガート、元サガン鳥栖のMFキム・ミヌや韓国代表DFホン・チョルなど、主力メンバーは充実。さらに今季から2018-19シーズンにボスニア・ヘルツェゴビナのリーグで得点王となったFWスレイマン・クルピッチ、カナダ代表DFドニール・ヘンリーが加入し、19日の神戸戦にも姿を見せる予定だという。

 いずれにしても“イニエスタ効果”もあり、約4万3000人を収容する水原ワールドカップ競技場が、満員になるのは確実と見られている。

【Football ZONE web】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200209-00245755-soccermzw-socc


スペイン代表だっただけに、「僕は行かない、仲間との事を思うと行けない」。くらい言ってくれたら盛り上がるだろうなぁ〜

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク