大物IOC委員「危険だと判断時は東京五輪中止の可能性高い」


「日本メディアからの映像」

 日本で新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、7月に予定されている東京五輪の開催中止説が相次いで取りざたされている。国際オリンピック委員会(IOC)ディック・パウンド委員は25日、AP通信のインタビューで、「今年の夏、東京で五輪を開催することが非常に危険であると判断されれば、IOCは五輪を中止する可能性が高い」と述べた。五輪を延期したり、他国に移したりするより、今年は飛ばす可能性が高いということだ。

 1978年から43年間IOC委員として活動し、副委員長を務めたこともある同委員は「東京五輪を開催するかどうかは5月ごろ決まるだろう」と述べた。新型コロナウイルス問題が発生した1月から東京五輪に対する懸念は広がっていたが、IOC委員が公に中止の可能性に言及したのは初めてだ。しかも、最古参のIOC委員で、国際スポーツ界の大物であるパウンド委員がこのような発言をしたことから、日本側は当惑している様子だ。

 これより前、米時事週刊誌「ニューズウィーク」や「タイム」も19日と20日、それぞれ東京五輪開催は難しいかもしれないという内容の記事を掲載した。現在、日本の新型コロナウイルス感染者は約800人だ。

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/27/2020022780001.html


「トランプ大統領、東京での五輪開催を『望んでいる』」


とにかく中止になってほしいのでしょうねぇ。当の本人は「1年の延期も」と発言しています。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク