韓国中小企業銀行、日系銀行とウォン・円優先供給増額…「内外の不確実性に対応」



韓国の中小企業銀行は2日、日本の三菱UFJ銀行、みずほ銀行と総額600億円規模のウォン・円コミットメントライン増額契約を2月28日に結んだと明らかにした。

コミットメントラインは金融会社間の取引で有事の際に外貨の優先供給を受けられる権利だ。新型コロナウイルスによる肺炎など内外の不確実性拡大に対応するための決定だと中小企業銀行は説明した。

中小企業銀行は今回の契約により日系各行から受けとれる限度を200億円から300億円に増やした。中小企業銀行が提供するウォン限度は各2000億ウォンから3000億ウォンに増額した。契約期間は1年だ。満期時点で双方が同意すれば1年単位で延長できる。

中小企業銀行関係者は「今回の契約で外貨をさらに安定的に確保する基盤を確保した。中小企業の輸出入取引支援にも役立つだろう」と話した。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/263172


コミットメントライン」なんて言葉を使っていますが、簡単に言えば「融資」の事でしょう。日本側が使う事なんて想定出来ません。"もし" があるとしたら向こうが使うだけでしょう。ビジネスなのかもですが、今までを見ていると「用日」の一つな気がしてならないですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク