嫌韓をあおる中国の個人メディア



 2月下旬から中国のインターネットには「韓国人が新型コロナウイルスを避け、中国に逃げる」という書き込みが相次いだ。「仁川空港発の航空券の価格が高騰した」「韓国人が避難するせいで緊張が走った」といった投稿もあった。いずれも「自媒体」と呼ばれる個人メディアが発信したものだった。

 中国外務省は「韓国発の飛行機の搭乗客は大半が中国人」だとし、官営メディアまでもが否定に乗り出したが、問題の投稿はソーシャルメディア経由であっという間に広まった。個人メディアはその後も「韓国人、大連に到着」「韓国人、成都に到着」「韓国人、青島に到着」などと韓国人に対する恐怖心を刺激した。中国の国家移民管理局は1日の記者会見で、「2月23日以降、これまでに中国に入国した韓国人は1日平均1300人で、大きな変動はない」と説明した。

 中国で反韓感情が高まっている背景には、個人メディアの影響が大きいとの指摘がある。個人メディアはブログとソーシャルメディアを結び付けた形式を取る。虚偽事実を広めれば処罰されるが、一般のメディアのように政府の検閲を受けず、自主検閲もない。また、クリック数によって収入も得られるため、刺激的な内容を強調する。

 北京で勤務する韓国人Aさんは最近、中国人の友人から個人メディアの記事のリンクを受け取ったという。韓国で開かれたある集会で発言者が「マスクをする必要はない」「外に出ればウイルスにはかからない」と話した場面に関するものだった。Aさんは「一部による極端な発言だが、それをまるで韓国全体の保健認識かのように描写していて当惑した」と話した。

 中国国内の個人メディアの利用者は300万人以上と推定される。

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/02/2020030280121.html


中国人が「嫌韓」を煽っているのかどうかは分かりません。仮にそうだとしても、記事中にある「虚偽事実」なんて載せなくても、事実だけ伝えれば効果十分でしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク