新型コロナのドライブスルー検査 「国際標準になりつつある」=韓国



 韓国青瓦台(大統領府)高官は16日、記者団に対し、車に乗ったまま新型コロナウイルスの検査を行う「ドライブスルー検査」について、「国際的な標準になりつつある状況」と説明した。

 トランプ米大統領はドライブスルー検査を導入する考えを示したが、日本の当局者は同方式は精度が低いと発言したとの報道が出るなど、同検査を巡る評価は分かれている。

 同高官は「政府はこれまで透明性、開放性、民主的手続きという3原則に基づき、新型コロナウイルスに対応している」として、「われわれが確認したところ、外国メディアでは圧倒的に(韓国の防疫能力を)高く評価している」と述べた。

 また、「日本がドライブスルー検査をどう評価するかは日本が判断する問題」としながら、「(米紙の)ワシントン・ポストは韓国の防疫対応について『民主主義の成功』と評価した」と説明。「韓国の診断キットについても、海外から輸出の問い合わせが入っているとの報道もある」と述べた。

 診断キットを海外に輸出しても国内の供給に問題がないかどうかに関しては「生産量は十分だ」と答えた。

 その上で、「事態の終息まで政府は積極的な役割を果たしながら、緊張を緩めない」と強調した。

 16日午前0時時点で、韓国で新型コロナウイルスの検査を受けた人は27万4504人(感染者含む)となっている。

【聯合ニュース日本語版】https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200316003000882


すっかり自国で生まれたシステムのように思いこんでますね。どこかで見ましたが、このドライブスルー方式の検査、最初に行ったのはアメリカだそうですよ。何年か前の新型インフルエンザが流行した時のようです。もう諦めろと言いたい、なんとか自国発を見い出したいようですが・・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク