独政府、「アビガン」大量購入へ 新型コロナへの効果期待



 【ベルリン時事】ドイツ政府は、富士フイルムのグループ会社が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」を、新型コロナウイルス感染者への治療効果が期待されるとして、大量に購入する方針を決めた。

 2日付のフランクフルター・アルゲマイネ紙が報じた。購入規模は、数百万セットに上る可能性があるという。

 アビガンについては、中国政府が治療効果を臨床試験で確認したとしており、同国企業が後発医薬品(ジェネリック)の生産を進める方針。ドイツの新型ウイルス研究第一人者であるシャリテー大学病院ウイルス学研究所のドロステン所長は同紙に、アビガンについて「有望だ。効果を示す初期段階のエビデンス(根拠)がある」と述べた。

【時事通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000092-jij-eurp


原発の処理水放出をIAEA支持 日本の小委提言は実行可能と評価

 国際原子力機関(IAEA)は2日、東京電力福島第1原発の処理水は海や大気に放出するのが現実的だとする日本政府小委員会の提言を支持する評価報告書を公表した。「二つの放出方法は技術的に実行可能だ」としたほか、廃炉作業完了までに処理水の処分を終えるとの目標についても「達成できる」との見方を明らかにした。

 処理水の保管タンクを増設するための敷地拡大などが難しいとして小委提言が保管継続を採用しなかった点は「見解を同じくする」と評価。処分方針については「安全性を考慮しつつ、全ての利害関係者の関与を得ながら喫緊に決定されるべきだ」と助言した。

【共同通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000192-kyodonews-soci


翻訳サイトで読む、アノ国のネチズンが発するこれらの事に対するコメント。酷く腹立たしいのでここでは列挙しませんが、どちらも日本に対して否定的なものばかり。薬は「効果がない」、原発は「放射能がー」。前者は彼らの好きなドイツが、後者は国際機関が認めた。まあそういう事ですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク