韓国映画『狩猟の時間』、ドイツ語字幕で「東海」が「日本海」と誤記



23日、Netflix(ネットフリックス)が190余カ国同時公開した韓国映画『狩猟の時間』のドイツ語字幕で「東海」が「日本海」(Japanischen Meer)と誤って表記されていたと発表した。

これに伴い、サイバー外交使節団VANK(バンク)が24日、Netflixに抗議とともに是正を求め、Netflixは直ちに「修正する」という立場を明らかにした。

問題になった部分は映画開始53分目、ジュンソク(イ・ジェフン扮)が銃砲商に「今、東海にいる」と話す場面で出た。英語やフランス語など多くの字幕には「East Sea」(東海)と出てくるが、ドイツ語字幕には「日本海」と翻訳された。

VANKはNetflixに直ちに東海に変更するよう求める抗議書簡とあわせて、世界最大教科書出版社の一つであるDK、オンライン地図製作社のワールドアトラス、世界最大地図製作社の一つであるナショナルジオグラフィックが「東海」と表記した事例を同封した。

Netflixは「『狩猟の時間』は全世界エンターテインメントファンのために計30言語でサービスされている。現在各言語現地化チームとドイツ語字幕のような事例がないか確認していて、該当の過程が完了したら字幕を直ちに修正する」と明らかにした。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/JArticle/265265


こういう時、彼らの抗議で変更される度に日本側としても「正しくは日本海で、彼らが異常」だと知らしめる努力をした方が良いのではないかと思いますが・・・ 政府が出来ないなら、日本も同じような団体を作ればいい。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク