ソウル市主催の「ポストコロナ会議」、日本から参加予定の都市はゼロ



2020年5月27日、韓国・ニュース1は、ソウル市が主催し、世界から40以上の都市が参加して「ポストコロナ時代」のビジョンなどについて意見を交わすオンライン国際会議に、日本から参加する都市がないと伝えた。

ソウル市は6月1日から5日まで、世界の40以上の都市の関係者や学者らが参加予定のオンライン会議「CAC(Cities Against Covid-19)グローバルサミット2020」を開く。防疫のみならず、気候や環境、文化、交通などさまざまな分野から新型コロナウイルスがもたらす影響や対応について意見交換し、「ポストコロナ時代」のビジョンを話し合うという。

記事は、この会議に出席予定の都市の中に、日本の都市がないことを指摘。「日頃から交流のある隣国であり、その上、今回のコロナ禍で大きな困難を経験した日本から参加がないのは異例だ」と伝えている。

ソウル市の関係者は「他の国と同様に、日本にも東京や北海道をはじめ、いくつかの都市に参加を呼び掛けたが、全て『参加は難しい』との返答だった」と話しているという。


これに、韓国のネットユーザーからは、
「韓国が主催するのが面白くないからでは?」
「会議で発表することがないの?」
「韓国が嫌いなのだろう」
「韓国が防疫に成功して、プライドが傷つく?」
「両国の関係が悪いからだよ」
などと不参加理由をめぐってさまざまな憶測が出ている。

一方で、
「新型コロナが終息していない状況で開催するのはおかしい」
と開催時期への批判も出ている。(翻訳・編集/関)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b804665-s0-c10-d0155.html


普通に「終息していない」が原因でしょう。終わった気になっているのはアノ国の彼らだけ。それとも日本側の決定権者がアノ国の様々な真実を知ってのボイコットなら、それはそれで頼もしいのですが。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク