韓国が「スキー宗主国」だったという事実を知っているか?



「韓国語サイトをブラウザで自動翻訳した物です。誤翻訳がある前提で御覧下さい。」


(雪)の上に履く靴(※)」を意味するスキーはノルウェーが宗主国として知られている。ノルウェーと英語のskid、skip、skiff、slideとskateなどが語源で、数千年前から冬が長く、目(雪)が多く山岳地帯で歩行、狩猟、運搬の目的のために用いられ、北欧では、戦争当時の必要な移動手段として利用されることもした。

※語源はノルウェー語で「薄い板」を指す「スキー」から。(wikipediaより)


いわゆる「ノルウェーのスキー」は、農民とハンターによって伝播された。1740年頃、ノルウェー軍がスキー部隊を編成した後、活性化され、スキー競技に発展した。1877年、ノルウェークリスチャニア(現在のオスロ)にスキークラブが生じ、2年後ハースビヒルで第1回のジャンプ大会が開かれた。19世紀後半には欧州各国に普及され、特にオーストリア飲み知るスーズダリスキーがアルプス山岳地帯に合ったスキー技術を研究するとともに、適切な用具を開発することにより、急激な発達をもたらした 

このように、欧州でのスキーが始まったとよく知っているが、1955年に出版されたCJルターの「古代のスキーの歴史50年」に込められた映像を見ると、スキー(そり)は、むしろ韓国の北東地方と中央シベリアで世界中に伝播されたパスが、具体的に描かれている。

地図左上の描写された画像は、アイスの神話に出てくるスキーの神(神)であるウールの様子で、17世紀にロブランド人が描いたとされる。スキーを履いて弓を射るシーンにスキーの左右の形と長さが異なって描かれているが、これは韓国のそりの形状と同一である

韓国北東山間地方に古くから独自のそり(スキー)がある説は多くの国で知っていた。一方、日本の場合は、1911年1月12日、オーストリアの陸軍少佐フォンアレルギーヒロ(※)からスキーを伝授受けた記録されている。日本はしかし、韓国にも固有のそりがあることを知って探しに出た

オーストリア・ハンガリー帝国の軍人テオドール・エドラー・フォン・レルヒ少佐(日本スキー発祥記念館)



「1912年咸鏡南道明天素材農家で発見されたスキー。
炭素年代測定で4世紀に製作されたことが明らかになった。」


「日本軍原油価格と中尉が咸鏡山間農家の倉庫でスキーを発見した後、記念撮影をしている。」

実際翌年当時の植民地韓国に駐屯した日本軍の原油価格と中尉が咸鏡明天素材山間農家の倉庫でスキーを発見し、炭素年代測定(※)してみると、4世紀に木で製作されたスキーで明らかになった。特にスキー胴に4つの穴に穴を開けて、両方のスキーの長さが若干異なって製作された点が、現代のヨーロッパで開発されたスキーとそっくりに似ているということだ。これに対してチェイルホン江原道開発公社アルペン事業団課長は「現存最高の北欧のスキーよりも、韓国のスキーがなんと1300年ほど上回ったは明白な証拠」と述べた。現在、このスキーは新潟県の高田(現上越市)の博物館に展示されている。チェ課長は引き続き、国際オリンピック委員会(IOC)関係者も、このような説明を聞けば全く雰囲気が粛然になると耳打ちした。

※「放射性炭素年代測定。単に炭素年代測定、炭素14法、C14法などともいう。」1947年にシカゴ大学のウィラード・リビー (Willard Frank Libby) が発見。同氏は1960年にノーベル化学賞を受賞。(wikipediaより)


【韓国日報韓国語】http://v.sports.media.daum.net/v/20170716161029100


「腹の立つ話題が多い "アノ国" ですが、オモシロおかしくやりましょう。
こちら(・∀・)つ【例えば・・・】の収集を始めました。御協力お願いいたします。」



この元記事を見た時点で、「ハートマーク」が662回クリック
されていました。おそらく「いいね」みたいなものでしょう。
どこがどうだとは言いませんが、「凄い」の一言です。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク