韓国とのFTA破棄検討=トランプ政権、5日にも判断―米メディア



 【ワシントン時事】複数の米メディアは2日、トランプ政権が韓国との自由貿易協定(FTA)の破棄を検討中で、5日にも決定される可能性があると伝えた。

 破棄には政権内で反対も根強く、結論は不透明だが、破棄を決めれば韓国が反発するのは必至。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応をめぐり、米韓の足並みが乱れる恐れがある。

 貿易赤字の削減を目指すトランプ政権は、2012年に発効した米韓FTAにより、赤字が拡大したと問題視。米国は韓国に協定見直しの再交渉を求め、8月下旬にソウルで会合を開いたが、韓国側が拒否した。このため、破棄検討で揺さぶりをかける狙いもあるとみられる。

 トランプ大統領は2日、テキサス州で記者団から、協定について政権内で協議するのかと問われ、「非常に気に掛けている」と述べた。

【時事通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000016-jij-n_ame


日本は韓国との「国交」を "破棄" してほしい。
真面目な話、日本の立場で考えた場合、「不要」という
結論にしかならない。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク