食品界の「半導体」、韓国のりの輸出拡大



 フランスは毎年11月第3週の木曜日にその年に収穫したブドウで作ったワインを「ボジョレーヌーボー」として売り出し、大ヒットを収めた。長期間保存できないブドウ品種を収穫後短期間に売るための逆発想だったが、2000年代に世界的に人気となった。

 韓国政府はボジョレーヌーボーを参考にし、毎年新のりが出回る11月に海外でのマーケティングを行うことを決めた。日本、米国、中国など15カ国で2週間ずつ割引販売など集中的なプロモーションを展開する計画だ。新のりシーズンを韓国のりを味わう時期として定着させようという戦略だ。

 韓国政府は12日の閣議で「のり産業発展方案」を決定して発表した。柱はのりを半導体のように韓国を代表する未来の成長源として育成することだ。そのため、2024年までに10億ドルの輸出を達成するプランも始動した。

■のり輸出、9年で6倍増

 のりは既に有望な成長株だ。単なるおかずとしか考えていなかったのりは味付けのり、のりスナックなどさまざまな形で世界90カ国余りに輸出されている。2007年に6000万ドルだったのり輸出額は昨年には6倍の3億5300万ドルに急増した。今年は1-8月で3億7100万ドルの輸出を記録し、既に昨年を上回った。海洋水産部(省に相当)は今年、5億ドル突破を見込んでいる。

 韓国の農水産食品の輸出に占める割合も高まった。10年前には順位が10位だったが、15年には3位に浮上。今年はツナと2位を争っている。即席麺や高麗人参は5年前に抜き去っている。今年のりの輸出がツナを抜けば、49年ぶりに水産物輸出で1位となる。韓国の味付けのりの人気が高い日本(昨年7800万ドル輸出)が最大の輸出先で、米国(7000万ドル)、中国(6800万ドル)、タイ(5500万ドル)が続く。米国でも味付けのりが低カロリーの健康スナックとして人気を集めている。

 韓国政府はのりの輸出競争力を高めるため、牛肉のような等級制度をのりにも導入する計画だ。品質によって5段階に分類し、消費者に選んでもらう仕組みだ。海洋水産部は来年初めにものり等級性施行案を発表する計画だ。

 今後は飛行機やクルーズ船でものりスナックを味わえるようになる。水協(漁協)を中心に5グラム入りのりスナックを航空会社などに納入する予定だ。昨年アシアナ航空でテストを実施したが、中国や東南アジアの乗客に人気があったという。これまでのピーナッツに代わる健康スナックとして広報する計画だ。

 チメク(チキンとビールの造語)に代わり、キムメク(のりとビールの造語)プロジェクトも展開する。先月シンガポールで開かれたビール祭りで現地のタイガービールと共同マーケティングを実施した。海洋水産部のコン・ドゥピョ輸出加工振興課長は「チキンよりものりスナックが太ることにない健康的なつまみだ。実際に海外でもつまみとして人気がある」と指摘した。

■のり加工産業ベルトを構築

 韓国政府は官民合同でのり産業発展協議会を設立し、全羅南道海南郡に海藻類新品種普及センターを設置。早く成長するのり品種を開発することを決めた。

 また零細企業の乱立で過当競争が起きていることから、産業構造の高度化を図ることにしている。その一環として、京畿道華城市と全羅南道木浦市にのり加工産業ベルトを構築する計画だ。

 海洋水産部関係者は「養殖業者が2800社、乾燥のり業者が400社、味付けのり業者が800社あり、過当競争を展開している。輸出型にのり生産業者を再編する必要がある」と話した。

 のり輸出のメリットは生産から加工、輸出までを韓国国内で完了できる点だ。段階別に生じる付加価値も大半が国内の漁村や中小企業の収入につながる。海洋水産部は10億ドルの輸出を達成すれば、養殖業者の中に年商3億ウォン(約2900万円)を超えるところが出てくるとみている。

崔鍾錫(チェ・ジョンソク)記者

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/15/2017091501858.html


何一つ自分自身の物は無い。海苔も日本の物を我が物の
ようにして商売している。日帝残滓は嫌じゃないのか?
よりによって一番の輸出先が日本。日本側も正気ではない。
最近はコンビニおにぎりの海苔も巻かずに食べていますが、
"ツナ" も不味い時がある。食品詐欺は死刑にしてほしい。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク