16世紀末の朝鮮水軍の石の弾丸 韓国で初めて発掘



 韓国の文化財庁国立海洋文化財研究所は12日、南西部・全羅南道の珍島と海南の間にある鳴梁海峡で見つけた壬辰倭乱(文禄・慶長の役)があった16世紀末当時の高麗青磁や土器など約120点を公開した。

 鳴梁海峡では2012年から今年まで5回にわたり調査が行われ、発掘された遺物は合計約910点になった。

 今回の調査では石で作った朝鮮水軍の弾丸が初めて見つかった。直径約2.5センチで、鳥の卵のような形をしており、「鳥卵弾」と呼ばれる。当時、鉄を入手するのが難しく、石で弾丸を作ったことから、朝鮮水軍が切迫していたことを示しているとされる。

 研究所によると、鉄製の鳥卵弾や、これよりも大きい石の砲弾はこれまでの調査でも見つかっていたが、石の鳥卵弾が見つかったのは初めてという。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/10/12/0800000000AJP20171012004200882.HTML


また信じ難い話を持ち出してきましたね。
これを投げつけていたというなら「へぇー」で済みます。
よりによって "弾丸" 。こんな大きな弾を使う銃が存在
したのか?そして、こんな歪な形ではどこに飛ぶかも
分からないし、打ち出す衝撃に耐えるのか?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク