朝鮮通信使の記憶遺産登録を記念 韓国探訪団あす日本に出発



韓国国立海洋博物館(釜山市)は27日、朝鮮通信使に関する記録物の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」(世界記憶遺産)への登録を記念し、大学生らによる探訪団が28日に日本に出発すると発表した。

 韓国内の17大学から選ばれた学生30人と、専門家など40人が参加する。

 探訪団は28日午後に釜山港を出発し、朝鮮通信使を乗せた船が日本に最初に到着した山口・下関に向かう。

 その後一行は下蒲刈(広島県)、鞆の浦(同)などを経て大阪まで朝鮮通信使の航路をたどり、関連する遺跡を見学する。

 朝鮮通信使は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)により断絶した国交を回復するため、江戸幕府が朝鮮王朝に派遣を要請した外交使節団で、1607年から1811年まで12回にわたり日本を訪問した。

 当時通信使一行が乗った船は6隻で船団を編成して釜山を出発し、下関などを経て大阪へ向かった。その後、陸路などで江戸を目指した。

 国立海洋博物館には、2分の1の大きさで復元された通信使船が展示されている。

 同館の所蔵品に含まれる韓日両国の朝鮮通信使関連の記録物計111件333点(韓国のもの63件124点、日本のもの48件209点)は、10月に世界記憶遺産への登録が決まった。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/11/27/0400000000AJP20171127003400882.HTML


アノ国にとって全くの不名誉なのに、何が嬉しいの?
マジで分からない。先人の残した旅日記でも熟読したらいい。
日本側でこれに熱心だったのはどんな人達なのか。
江戸幕府は国交を回復したいのに、自らは一度も行かない。
当時の国際関係では下位の国が上位国を訪ねるものだけど。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク