【コラム】韓国、「克中」時代の荒波の前に立つ



 長期にわたり中国と疎通しながら、我々はいかにして中国と補完的な生存関係を築いて共生できるのかという点に腐心してきた。しかし歳月が流れるにつれ、中国が隠していた爪を出す態度と姿勢は自信に満ち始め、謙虚だった中国はもう過信になっている。いま強大権力を握る習近平国家主席の中国は、21世紀型の富国強兵路線を前に出し、攻勢的・民族主義的な外交国防政策を現実化している。

 さらに国際秩序は今、転換期を迎えている。中小国家が影響力を少しでも発揮できる多者外交は退潮し、強大国の力の論理が支配する2者外交がその中心を占め、強大国同士が激しくぶつかって交渉しながら国際問題を裁断する。外交が国力の差をどれほど克服できるのか疑問を感じる時代だ。この厳しい転換の時代に中国が我々に過去と全く違う姿で近づいている。

 我々は今後、中国との価値の距離を克服し、ますます力に依存する筋肉質の中国と共生しながら国家利益を最大化しなければいけない、「克中」の時代に生きている。中国はもう19世紀末、20世紀末の中国ではない。今後、彼らは膨張した国力を基礎にした外交と中国式スタンダードを前に出し、周辺国に中国の原則を強要するはずであり、特に韓国の短い呼吸を利用して圧迫しようとするだろう。この過程で両国間の紛争が避けられず、時には中国の服属主義的な態度に直面することもあるだろう。しかしいかなる状況を迎えても驚いたり慌てたりしない「処変不驚」でなければいけない。中国は極めて二重的な姿だ。中国は気質的に強い国に弱く、弱い国に強い。我々が中国に弱く映ってはならない理由だ。したがって今後、我々は中国との関係でより長い呼吸をし、大胆な忍耐心を持ち、チェス盤をさらに大きく活用しなければいけない。

「韓国の短い呼吸?何の事だろうか? 知っている人、教えて下さい。
"○○は強いものに弱く、弱いものに強い" それのプロがあんたらでしょう。」



 強大国との関係をめぐっては常に意見が対立する。しかし我々はいかなる状況でも均衡点を見つけて奮闘するしかない。したがって外交当局は、点を得るために面を捨て、短い呼吸で中国が仕掛けた大国外交の罠にはまる外交姿勢を維持してはいけない。中国は北京を訪問する国賓の心を魂のない華麗なパーティーと儀典で引きながら国益を得る一方、国賓は本論を深く話せず帰国する場合がある。4年前の朴槿恵(パク・クネ)前大統領もそうだった。

 今回の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国賓訪中は今後の克中外交の試金石になるため、会談と密談を通じて北核問題など韓半島(朝鮮半島)問題、中国の政経分離問題、経済・産業協力強化問題など懸案事項を確実にただす必要がある。文大統領はその柔軟な外見に包装された大胆な言語と節度のある姿で岩のような習近平主席の言動を突破しなければいけない。そうしなければ今後、韓国は中国との関係で言いなりになってしまうおそれがある。我々は何よりもさらに力をつけて富国強兵し、両国間の利益の均衡を維持しなければならない。

 最近、中国が韓国を軽視するような態度を見せる根本的な原因は両国間の利益の均衡が崩れているからだ。中国の技術崛起で産業技術が韓国を追い上げ、新産業分野で中国が善戦しながら、韓国の世話になったり韓国から学ぶ部分が大きく減り、補完的な産業関係が弱まった。こうした利益の不均衡状態は今後、韓中関係をかなり難しくするだろう。

 もう文在寅政権は過去の政権がその時代的な責任を放棄した産業改編と革新を歴史的使命と見なし、これに全力投球しなければいけない。そのためには文在寅政権の発想の大転換が求められる。理念より実事求是に国政方向を果敢に変えるべきだ。そして政府の果敢な規制緩和とともに動員可能な資本力を総動員し、新技術と産業革新に投入する必要がある。そのためには現政権が資本と労働を同じ船に乗せ、韓国企業と視線と心を一つにしなければいけない。

 また、世界市場多角化を通じて韓国経済の対中国依存度を長期的に15%水準まで漸進的に引き下げながらリスク負担を減らし、企業も対中国投資において政治リスクなど中国リスクをヘッジング(hedging)できる特別な対策を自ら備えなければいけない。中国を克服するには国格と我々の生存原則を守らなければならず、これを支える力が必要であり、そのために富国強兵・処変不驚に努力することを、誰もが認識しなければならない時だ。そして12月に韓中首脳会談に臨む文在寅大統領がこれを胸に刻んで訪中することを望む。

 鄭徳亀(チョン・ドック)/NEAR財団理事長

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/957/235957.html


これを書いた者が何歳なのか分かりませんが、アノ国の意見で
「我々はもっと国力を育てなければ…」をよく見かけます。
このコラムでも同じような主張が有るので、国民の意識の中に
有るのでしょうね。それにしても、あんな国を育てた日本は
馬鹿でした。放っておけば良かったものの・・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク