200年ぶりに復活した青年朝鮮通信使…「韓日関係の改善」誓う



 1500人が暮らしている広島県呉市の小さい島「下蒲刈」村に張られた横断幕の文面だ。10月31日、朝鮮通信使の資料が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記録遺産に登録され、静かだったこの村に活気がついた。日本で唯一の通信使の遺物だけで構成された資料館「御馳走一番館」を訪れる観光客が急増するからだ。

「こんな馬鹿な施設があったとは! 知らない所で色々とやられてますなぁ。」


 御馳走一番館は1711年、幕府の将軍が「朝鮮通信使の接待をどの地域が上手にしたのか」という質問に対馬藩主が「蒲刈の接待が最高」(蒲刈御馳走一番館)と答えたことから由来した。朝鮮通信使は1607年から1811年まで約200年間12回にかけて日本に派遣された朝鮮の外交使節団のことをいう。漢陽(ハンヤン)から江戸まで往復3000キロメートル以上の距離を往来した。期間は6カ月で長くては1年がかかった。

 ソウル大学・高麗(コリョ)大学・慶北(キョンブク)大学など韓国の17大学の学生30人などで構成された国立海洋博物館探訪団と共に記者は先月28日、釜山(プサン)港を出発して2日まで下関~下蒲刈~鞆の浦兵庫~大阪~京都など7都市を訪れた。通信使が往来していた海道と似たような経路で日本各地を訪問し、通信使の跡と遺物を確認し、韓日間友好関係を回復させようという意味のある行事だった。

 探訪団は先月30日、御馳走一番館で世界記録遺産に登録された「朝鮮人来朝覚備前御馳走船行烈図」を観覧した。長さ8メートル、幅14.5センチの絵巻には通信使一行の姿がぎっしりと描かれていた。通信使の接待にもてなした料理を再現した模型と通信使行列人形、10分の1に縮小した通信使船の模型もあった。これを見物していた日本のある小学生は「朝鮮から日本まで1000キロメートルを超える海道を航海したとのことが不思議だ」として「船をを作った技術と能力が驚くべきだ」と感心した。

 蘭島文化振興財団の柴村隆広事務局長は「日本に残っている45点の朝鮮通信使の遺物と資料を展示している」とし「ユネスコ登録をきっかけに日本政府がこの地域を広く知らせてほしい」と話した。

 訪問期間に日本の各地域の民間団体は通信使の遺物などを観光商品化することに力を入れていた。登録された資料は計111件333点。この中で日本(48件209点)が韓国(63件124点)よりさらに多い。

 例えば、景色がすばらしい広島県福島市鞆の浦は村全体を100年前の姿に復元する事業を推進中だ。鞆の浦朝鮮通信使研究会の戸田和吉代表は「通信使船が寄港した港と宿舎として使った寺院、接待した迎賓館などをそのまま保存し、過去の姿をそのまま復元する計画」と話した。

 この村には景色が最も美しいという意味の「日東第一形勝」と海がすぐ前に見える楼閣という意味の「対潮楼」を書いた紙が記録遺産に登録された。対潮楼にかかっている扁額は1711年、朝鮮通信使の従事官だった李芳彦(イ・バンオン、1675~?)が書いた文字だった。

 京都市北区の高麗美術館が所蔵している通信使の遺物20点の中で3点も記録遺産に登録された。馬に乗って技芸を使う絵や通信使行列図、通信使を迎える日本人の姿を描いた図などだ。この遺物は在日同胞の故チョン・ジョムンさんが日本の骨董品店を歩き回って集めた。通信使遺物のユネスコ登録に在日同胞が力を加えたわけだ。

 チョンさんの息子、ヒスさんは「父は日本人が持っていた韓国の遺物を取り戻そうという考えで一点ずつ収集した」とし「韓日関係が悪化し、10年前から消えた通信使関連記録が日本の歴史教科書に再び載せられてほしい」と話した。

 大学生探訪団は1日、日本の大学生20人と大阪歴史博物館で姉妹締結を結んだ。日本訪問が一回だけの行事に終わらせないために意気投合したわけだ。石田さん(20、関西大工学部1年)は「政治的理由で悪くなった韓日関係を改善することに貢献したい」とし「韓国の大学生と着実に交流しながら通信使の歴史的意味を知らせていけば、韓日関係が良くなるのではないだろうか」と問い直した。

 ワン・ウンジさん(22、新羅大歴史教育学科3年)は「今度は日本の大学生を招いて韓国の通信使遺物を共に見回したい」とし「通信使が平和の使節団だったように、韓日大学生が両国の善隣友好関係を続けられる礎になるべきだ」と感想を述べた。日本の学者も共感した。韓日大学生交流行事に参加した朝鮮通信使の日本側研究委員長である仲尾宏さんは「文禄の役など戦争以降、韓日関係の改善に向けて通信使が派遣され、200年間平和的に交流したのは歴史的に驚くべきこと」とし「韓日関係の改善に若者の役割が重要だ」と強調した。

 大学生の探訪を企画した国立海洋博物館は過去の海洋文化の現代的再現というタイトルで「通信使お出まし一万里写真展」を22日から2018年4月1日まで博物館で開催する。通信使の意味を蘇らせる行事を開いていく計画だ。

 国立海洋博物館のソン・ジェハク館長は「朝鮮通信使の派遣で韓日関係が善隣友好関係に発展することができた」とし「韓日大学生間交流の場が設けられただけに通信使の意味を再確認し、韓日関係の改善に力を入れる時」と話した。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/335/236335.html


「朝鮮通信使」の事のみを展示する施設なんて・・・
物好きな人も居るものだと思うと同時に、真実が展示されて
いるのか?と不安になります。アノ国の人達は、日本に文化を
伝えに行ったと認識しています。しかし実際は全く違います。
こんな事は止めてほしい。いつまでも関わっていてはダメ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク