韓国の国民性から見た日韓合意『新方針』構図 「払ってやるから値引きしろ」が当たり前



 慰安婦問題の日韓合意に対する韓国の「新方針」、とりわけ文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「日本の自発的な謝罪」に言及したことは、日本の「韓国不信」の度をさらに高めさせた

 彼らは「最終的かつ不可逆的な合意」に対し、どういう神経でイチャモンを付け、さらなる日本の譲歩を求めたのか。これは韓国の国民性によるところが大きいと思う。

 値の張る機械を韓国に販売した業者なら、おそらく誰でも経験していることだろうが、韓国側は執拗(しつよう)に「値引き」を要求する。日本側が「それならば、もう結構」と交渉打ち切りを提案すると、しばらくしてから「最後に日本側が出してきた値段で買います」と申し出てくる。

 だが、それで終わらない。今度はいつまでたっても入金がない。督促につぐ督促で、ついに韓国側は「○日に振り込む」と連絡してくる。そして、「払ってやるのだから、もう少し値引きしてくれ」と改めて始める

 契約に基づき支払うのは当たり前なのに、督促をさせることで、「支払ってやる」ことが大恩の施しであるかのように彼らは思い込むそれで「もう少し値引きしてくれ」の要求が出る。

 もちろん、これは日本と韓国の商取引であるからではない。韓国人同士の商取引が根底になる。韓国の業者は、日本と取引する場合にも、韓国の商慣行をそのまま持ち出してくるのだ。

 文政権はその成立過程を通じて、自ら「慰安婦合意は再交渉すべきだ」との世論をつくった。それをあおりにあおるのは、商取引での値引き交渉のようなものだ。

 そうしておいて「再交渉は求めない」と言った。「不可逆的な合意」だから当たり前だが、彼らは日本に大恩を施した気分になる。そこで、「再交渉は求めないのだから、日本は自主的に…」の発言が出てくる。

 つまり韓国の業者が「払ってやるのだから、(これまでのディスカウント交渉とは別に)もう少し値引きしてくれ」と言うのと、事の運びは同じだ。韓国の商取引では多くの場合、「払ってやるのだから、もう少し値引きを」が通るようだ。

 毎日経済新聞の「慰安婦解決策を無視した安倍、破局を望むのか」と題する社説(韓国語サイト2018年1月13日)は、安倍首相の新方針の受け入れ拒否発言によって「慰安婦問題が収拾局面に入るだろうという見通しは事実上、霧散した」と書いている。

 韓国では、社説を書く論説委員クラスのジャーナリストまで、「払ってやるのだから、もう少し値引きを」が通じ、慰安婦問題が収拾局面に入ると見ていたのだ。

 韓国人は幼いころから「世界一優秀なわが民族」「わが国は加害者になったことのない正しい国」といった刷り込み教育を受けてきている。韓国の国民には、公徳心のない社会秩序や商慣行も「正しい」のだ。だから「韓国の常識は世界の非常識」といった状況はいつまでも続いていく。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

【zakzak】http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180118/soc1801180004-n1.html

「呆れ果てる商慣行ですね。関わって、不快な思いをするだけならまだしも、
日本の場合は実害も沢山出ていますからね。」



「世界一優秀な民族」を自称していますが、他人から見ると
「なぜ根拠もなくそう思い込めるのか?」。歴史的に何の
実績も無いのにですよ。とにかくそれが信じられない。
逆なら簡単に証明出来そうですが。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク