韓国、ブルームバーグ革新指数評価で5年連続1位



 韓国が5年連続でブルームバーグ革新指数1位を占めた。だが、生産性部門では依然として中位圏を脱することができなかった。韓国企画財政部によると、ブルームバーグが22日(現地時間)に発表した「2018年ブルームバーグ革新指数」で韓国は89.28点で1位になった。2014年から5年連続となる。

 スウェーデンが84.70点で2位を占め、シンガポール・ドイツ・スイス・日本がこの後に続いた。米国は11位、中国は19位だった。ブルームバーグ革新指数は計7部門にわたり各国の革新力を評価し、点数を算定するシステムだ。

 韓国は生産性(21位)を除く研究・開発(R&D)支出集中度(2位)、教育効率性(3位)、特許活動(1位)、製造業付加価値(2位)、先端技術集中度(4位)、研究集中度(4位)がそろって上位圏に入った。生産性も前年(32位)に比べると大きく順位を上げたが、依然として中位圏から脱することはできていない。

 企画財政部のイ・スンファン企業環境課長は「サービス業などにおける生産性の改善余地がまだある」とし「今後、規制革新に対する努力、上位部門に対する先制的な投資などを通して具体的な成果につなげていけるようにしたい」と述べた。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/831/237831.html


ブルームバーグの元記事はこちらですね。
たぶんココをのぞいて下さる方々にも同意して頂けると
おもいますが、一言。「どこが?なにが?」・・・
結構アノ国をウォッチしていますが、そんな高評価を受ける
何かが有ったとは・・・記憶に無いですねぇ~。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク