平昌行き「インフルで中止に」=自民・宇都氏、質問で軽口



 自民党の宇都隆史参院議員は31日、参院予算委員会での質問の中で、安倍晋三首相の平昌冬季五輪開会式出席に反対の立場から、「行くのをやめようと思ったら、インフルエンザもはやっているから罹患(りかん)するという手もある」と軽口をたたいた。

 宇都氏がこの問題で答弁を求めなかったため、首相は特に反応しなかった。

 宇都氏は、韓国の文在寅政権が慰安婦問題に関する日韓合意を「誤り」と位置付けたことを受け、首相の平昌行きについて「外交成果が上がるかどうか分からない。言ったことをころころ変える国だから」と指摘。その上で「首相を見ていると本当は行きたくないんだろうなと感じる」との認識を示した。

 宇都氏の発言について、民進党の大塚耕平代表は党常任幹事会で「いかがなものかと思う。与党がかなり緩んでいる」と非難した。

【時事通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000155-jij-pol


ニュース自体には「そうですか」程度の関心ですが、記事本文
の最初の段落の最後。「軽口をたたいた」。この表現、日本の
メディアでは見た記憶が無いのです。もちろん見逃しているだ
けとは思いますが、アノ国のメディアの対日記事で「軽口を叩
いたりもした」この形式をよく見ます。それだけですが・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク