中国の化粧品会社、ベトナムで韓国企業のふり



 中国の化粧品会社がベトナムで韓国化粧品企業を装っている。K-POPの流行など韓流ブームで良くなった韓国のイメージを盗んでいるということだ。

 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)ホーチミン貿易館によると、フィリピン・ベトナムなど東南アジアで人気の中国ブランド「MUMUSO」はホームページに太極旗(韓国の国旗)イメージを入れてハングルを使用し、ホームページアドレスにも「kr」を付けた。また売り場のイベントでは職員が韓服を着たりもする。

 このようにベトナムで中国化粧品会社が韓国の会社に見せかけるのは中国産化粧品に対するイメージが良くないからだ。KOTRAホーチミン貿易館は「ベトナムで中国の国家ブランドは良くない。領土紛争や中国産低質商品密輸による被害でベトナム人の反中感情が蓄積されたため」と説明した。

 韓国化粧品業界の関係者は通信社ニュース1のインタビューで「模倣製品は韓国ブランドのイメージを傷つけるおそれがある」とし「ベトナムで商標登録などの管理をし、模倣製品のモニタリングおよび取り締まりも続けている」と語った。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/552/239552.html


「お前らが言うかwwwwwwwwwwww それならこれらはどうなる」

20180314-4_tenpu4

20180314-4_tenpu3

20180314-4_tenpu2

20180314-4_tenpu1

「こんな事をしておいよく言うよ。」


呆れ果てるとはこの事。上の写真のとおり、かつては自国の
大企業が日本企業のように擬態していた。あんたら中韓は
日本から見ると本当によく似ている。言う事、する事に
規模や形態が違うだけ。さすがに親子国は違う。しっかりと
遺伝していますね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク