中国人の韓国好感度、周辺カ国中5位…日本より低い



 中国人の韓国に対する好感度点数は日本より低いことが明らかになった。

 韓国統一研究院が作成した「中国人の韓国に対する認識調査報告書」によると、中国人の韓国好感度点数は10点満点中3.4点で、周辺8カ国のうち5位を記録した。1位は米国(5.84)で、次いで日本(4.49)、ロシア(3.77)、インド(3.44)となった。

 このような結果は、昨年韓国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)配備で深まった韓中葛藤が影響を及ぼしたとみられる。韓国といって頭に思い浮かぶイメージとして「政治/軍事/安保」を挙げた回答者のうち、絶対多数である81.5%がTHAADに言及した。このようにTHAADが思い浮かぶと回答した人の好感度は3.18点で、平均より低いことが分かった。

 また「韓国国民は信頼できるか」という質問項目に対して、「全く同意しない」(43.1%)、「特に同意しない」(34.3%)など、同意できないという回答が77.4%に達し、「信頼することができる」と答えた回答者は全体の22.6%に過ぎなかった。

 今回のアンケート調査は中国10大都市に住む満19歳以上の成人男女1000人を対象に、昨年9月19日から10月19日までの1カ月間に1対1の個別面接調査方式を通じて実施された。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/010/240010.html


日本よりは高いと確信していたのでしょうね。
中国人も普通の常識人ならこうなるでしょう。言い方は悪い
かもですが、比較対象にまともな国が日・米以外に無い。
アノ国は自分達が行ってきた今までの言動がこの結果を招いた
事を認識するべき。無理でしょうけど・・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク