中国の人工知能技術が急速に発展…韓国も投資拡大が必要



 韓国の人工知能(AI)技術水準が先進国はもちろん中国よりも劣ることが分かった。中国のレベルが急速に上がり、人工知能技術が最も高い米国との技術格差で韓国は昨年初めて中国に逆転された。

 科学技術情報通信部傘下の情報通信技術振興センターが韓国・米国・中国・日本・欧州の人工知能技術水準を評価した報告書(昨年基準)によると、韓国は「専門家定性評価」「論文評価」部門で最下位だった。中国は両部門で米国・欧州に次いで3位だった。特に専門家の評価に基づいて判断した米国との技術格差は2015年の「2.8年」から昨年は「1.9年」に縮まった。韓国は同じ期間、米国との技術格差が「2.4年」から「2.3年」とほとんど変わらなかった。特許評価部門では中国が韓国・日本より低い5位だった。しかし中国は過去3年間に出願した特許件数の割合が多く、先進国を急速に追撃していることが分かった。

「日本をお前らと一緒に括るな。」


 中国の「人工知能崛起」は目覚ましい。中国人工知能ロボット「シャオイ(小医)」は昨年8月、医師資格試験に合格した。600点満点で456点を受けたが、これは合格ラインの360点より100点も高い。

 中国政府は人工知能分野で2030年に米国を上回るという目標のもと、毎年350億元(約6000億円)以上を投入している。新華社通信によると、中国政府は北京近郊に138億元を投入し、世界最大規模の人工知能研究団地を建設する計画だ。

 チャ医科大データ経営学科のチョン・テギョン教授は「人工知能は勝者が独占する構造であり、後続国が追い上げるのが難しい構造」とし「映像認識など韓国が進んでいる分野を集中的に育成する戦略を考慮する必要がある」と述べた。

 アリババなど中国テック企業が集中的に投資し、中国の人工知能市場は700億元から2020年には1500元に成長する見通しだ。

 グーグルが北京で人工知能研究所の設立を進めるなど世界的な情報技術(IT)企業も中国に目を向けている。人口13億人が生産するビッグデータが持つ魅力のためだ。ニューヨークタイムズはトランプ米大統領が昨年、国家科学財団の人工知能予算を10%減らした点に言及しながら「中国が米国を追撃しているが、米国はむしろ予算を減らしている」と懸念を表した。

 マイクロソフトから3月だけですでに5人の人工知能人材がテンセント・京東などの中国企業に移るなど優秀人材の「中国行き」も活発だ。

 韓国と中国の対応は全く違う。韓国には政府が主導して設立・運営する人工知能研究所が一つもない。サムスン電子・LGエレクトロニクスなど7社がそれぞれ30億ウォン(約3億円)ずつ計210億ウォンを出資して2016年に知能情報技術研究院を設立したが、規模と予算の面では中国と比較にならない。

 科学技術情報通信部が昨年、人工知能技術開発に投じた予算は1630億ウォンと、中国の2.7%にすぎない。先進国との技術格差を減らすためには公共部門の先導的投資を拡大すべきだというのが専門家らの助言だ。

 韓国貿易協会のキム・ゴンウ研究員は「人工知能分野は基礎研究と企業投資を分離し、『先端人工知能技術開発』と『企業応用』のツートラックで接近する必要がある」と指摘した。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/131/240131.html


技術者の引き抜きで、中国に「資金面」で負けている。
と、言いたいのか。確かに中国の方が大枚を積みそうですが。
そもそも人工知能なんてここ数年で大きく取り上げられるよう
になった物で、スタート時期は各国そんなに変わらない。中国
が韓国の下だったというのも思い込み。あんたらの自惚れ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク