「格安売却」問題の韓国衛星…国際訴訟で敗訴



 KTが韓国政府の資金3000億ウォン(約300億円)を投じて製作したムグンファ衛星(KOREASAT)3号を5億3000万ウォンで売却した後、これを取り戻そうとして訴訟を起こしたが、敗訴したことが分かった。

 KTの第36期事業報告書によると、国際商業会議所仲裁裁判所(ICC)は先月9日、KTとKT SATが103万6237万ドルの損害賠償金額および年9%の遅延利子を香港衛星専門会社「アジアブロードキャストサテライト(ABS)に支払うべきだとする最終判定を出した。

 KTは2010年、ABSに衛星「ムグンファ3号」を韓国政府の承認も得ずに5億3000万ウォンで売却し、「格安売却」という非難を受けた。韓国政府は是正命令を出し、KTは「ムグンファ3号」を買い戻すための交渉をしたが、実現しなかった。

 その後、ABSは「ムグンファ3号」所有権の確認および売買契約違反を理由にKTを相手取りICCに訴訟を起こしていた。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/304/240304.html


なぜ何でも自分の思い通りになると考えるのか?
ハッキリ言って、あんたの国の言い分はほとんどの場合で
間違っています。唯一、中国との場合はどっちもどっち。
上の問題でも、香港の企業の言い分を文明国は支持します。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク