性差別的発言多かった韓国の平昌五輪中継



 「スケートも上手で容姿もきれいで」(KBS放送)、「恥ずかしがり屋でいかにも少女らしい魅力あふれる少女です」(MBC放送)、「華麗でか弱く見えますが、力強さを発揮しました」(SBS放送)。

 平昌オリンピックは平和と一体化の祭典だったが、平昌オリンピックの中継では性的差別発言により国民たちの気分を害する場面がしばしば見受けられた。女性家族部(省に相当)傘下の韓国両性平等教育振興院(両平院)は、オリンピック期間中の2月9日から25日まで、地上波3社が放送した325の競技中継をモニタリングし、その結果を3日に発表した。問題となった発言は計30件。KBSが20件と最も多かったほか、MBCとSBSがそれぞれ5件でこれに続いた。性的差別発言者の割合は、男性アナウンサーや解説者が27人で、女性(7人)の4倍に上った。両平院は「性的差別が含まれた中継に対し、放送通信審議委員会に審議改善を要請する」との方針を明らかにした。

 性的差別発言は▲性別に対する固定観念を表す表現(11件)▲女性性と男性性の強調(8件)▲競技と無関係な不適切な内容(6件)▲選手の容姿に対する評価(5件)―の順となった。アナウンサーや解説者は、女性選手に向けて「女性とは思えない姿勢」「男性選手に負けるとも劣らない」といった性別に対する固定観念を頻繁に表現した。女子カーリング予選の米国との競技で、スキップを務める韓国のキム・ウンジョンが米国チームのストーンを避けてハウス(中心にある円)内にストーンを入れると、KBSで解説者を務めるイ・ジェホ氏は「実際のところ、女子選手が一発で成功するのは非常に珍しいことです」と解説した。両平院は「選手の競技能力を評価するより女性選手に対する固定観念を表現した」と指摘した。

 また、選手に対する容姿の評価も少なくなかった。KBSは、女子ショートトラック500メートルの中継で、選手たちの容姿に言及した。解説者のチン・ソンユ氏が「韓国の選手たちはとてもきれいですね」と言うと、男性解説者を務めるイ・ジョンス氏が「解説者さん(チン・ソンユ氏)も非常にきれいになりましたよ」と返した場面が問題となった。また、イ・ジョンス氏は、女子ショートトラック3000メートルリレーでも「あ、もらしたか、パンティーを履き替えなければなりませんね」と発言したことで、非難を浴びた。両平院は、女子選手に「少女」という単語を使用し、か弱いイメージを付与したり、「年齢的にもかなり上だと思うんですが」など競技力とは無関係な表現をしたりすることについても指摘した。

 アナウンサーや解説者の男女の割合についても、指摘する声が上がった。499人のアナウンサーや解説者のうち男性は375人であるのに対し、女性は124人にとどまった。特にアナウンサーの人数は女性が16人で、211人の男性に比べて圧倒的に少なかった。両平院は「平昌オリンピックは性平等オリンピックと言われるほどに冬季オリンピック史上、女性種目と混合種目が最も多いという記録を打ち立てた一方で、メディアの中の性平等はまだまだだ」とした上で「アナウンサーや解説者の性に対する感受性教育、両性平等意識の向上に向けたたゆまぬ努力が必要だ」と指摘した。

イ・ヘイン記者

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/13/2018041301711.html


まあ、自分も「これは本当に女?」とは思った選手もいたので
分からないでもありません。が、放送で発言するのは別。
余計な事は言わない。日本の政治家や企業家でも、この余計な
発言をする人はよく見かけます。時には地位を失う事も・・
それでもアノ国の場合は性根に染み込んだ差別意識が問題。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク