拉致問題残る北朝鮮、韓国と組んで慰安婦問題で揺さぶる懸念



「安倍首相は信頼できないが、野党に政権を任せるのはもっと心配だ」──そういう有権者の声を利用して、首相は何度も「解散風」をふかせ、実際に解散し、権力維持をはかってきた。今回、安倍晋三首相の解散への足がかりが日朝交渉だ。

「総理は拉致問題で一定の成果をあげて支持率を一気に上向かせ、その勢いで解散総選挙を打つのがベストと考えている」(側近)

 それだけに北朝鮮外交で1人蚊帳の外に置かれていた首相は焦りを強めていたが、南北首脳会談後に文在寅・韓国大統領から「金正恩・委員長は日本と対話する用意がある」と日朝会談の可能性を伝えられると喜色満面になったという。

「この部分、本当ですかねぇ?」


 ところが、そこでは“安倍政権の生死”を賭けた駆け引きが待っている。産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏はこう話す。

「安倍首相が日朝会談で拉致問題解決を持ち出せば、北朝鮮は必ず日本に経済支援を求めてくる。戦時賠償金1兆5000億円程度を要求してくるのではないかと言われています」

 安倍首相はそのとき、強硬姿勢を取ると推測されている。

『拉致問題が解決しない限り、日本はビタ一文支援できない』と強く出ることでカネがほしい金正恩から譲歩を引き出せると読んでいる」(拉致議連幹部)

「拉致問題が解決しても、日本が金をやる必要などないでしょう。被害者がなぜ金を
払う必要があるのか?戦時も何も、交戦国でもなし。」



 しかし、そんな楽観論が通用する相手ではない。日朝交渉に関わってきた外務省関係者が語る。

「北朝鮮の金づるは日本だけではない。米朝関係が改善に向かって国連の経済制裁が解除されれば、まず中国と韓国から止まっていた投資がどっと北に流れ込む。だから金正恩がカネ欲しさに日本に譲歩する状況にはならないでしょう。むしろ、安倍総理が拉致問題で強硬姿勢を取り過ぎると、北は韓国と手を組んで慰安婦問題で日本を揺さぶってくる可能性がある

 事実、日本政府が韓国の慰安婦支援に10億円拠出する慰安婦合意の交渉を行なっていた2015年に、北朝鮮外務省の報道官は、「日本軍性奴隷被害者は北側にもいる」と主張した。南北首脳会談での蜜月ぶりを見ても、文在寅氏と組んだ金正恩氏が安倍首相に「拉致交渉の前に日本はまず慰安婦に賠償金を払え」と、韓国と同等の請求を突きつけてくる可能性は高い。拉致被害者・蓮池薫さんの兄の蓮池透氏はこう言う。

「これまで『圧力』だけを唱えて、対話の糸口を掴むことさえできなかった安倍首相が今回、韓国やアメリカに頼んで拉致問題の進展を図ろうとしている姿は都合のいい責任逃れに映ります。現状は政府の対応が後手に回って主導権を金正恩に握られており、拉致問題解決に向けて日本に有利な状況が作り出されているとはとても思えない」

 金正恩氏に「会ってもいい」と言われて安倍首相が「支持率挽回のチャンス」とホイホイ会いに行けば、外交成果どころか国民のカネが格好の餌食にされかねない。

【NEWSポストセブン】http://www.news-postseven.com/archives/20180509_671688.html


安倍総理のやり方も確かに支持出来ない。
弱腰すぎる。制裁一つとってもぬるい。拉致に関わった
者までのうのうと日本に居るらしい。おめでた過ぎます。
韓国に対しても同様、見方によれば北朝鮮よりも質が悪い。
それにも全く制裁無し。彼ら相手に痛み無くして解決はない。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク