独島内の人工造形物 新たに70基確認=韓国調査



 韓国・独島北西の鬱陵島にある独島博物館は23日、独島内の人工造形物を3月に調査したところ、新たに70基の造形物が確認されたと明らかにした。これまで公式に把握されていた21基と合わせ、全91基となった。同博物館は韓国の独島領有権を強調しようと、実効支配の根拠として人工造形物の把握に取り組んでいる。

 独島では慰霊碑や領土を示す標石など21基の人工造形物の存在が認識されていた。博物館は3月26~30日の調査で新たに、測量に用いる位置の基準となる点や文字を刻んだ岩など70の人工造形物を確認した。

 博物館は6月に2回目の調査を実施し、10月25日の「独島の日」に合わせて最終結果を発表する予定だ。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/05/23/0800000000AJP20180523002600882.HTML


自分達で持って行ったくせに何がどこにいくつ有るか把握
していないのか?それよりも、こんな事をされ放題で何も
対抗策(制裁)を取らない日本政府。本当に取り戻す気が
あるのか?拉致にしろ、竹島にしろ、相手に痛みや恐怖が
伴わなければ絶対に解決はしません。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク