現代車、中国合弁会社との対立で小型車生産を中断



 現代車中国法人の北京現代が、現地合弁会社の北京汽車工業投資有限公司の反対で2カ月間にわたり小型車の生産を全面中断していたことが確認されたと、ソウル経済新聞が8日報じた。

 報道によると、北京現代は今年3、4月、小型セダン「ルイナ(瑞納)」の生産を全面中断した。販売が低調だったため北京汽車工業投資有限公司が生産中断を要求したという。小型車は生産しても売れず収益性が低いため、高級車の生産増加を要求したことが分かった。

 また、北京汽車は4月から販売を始めた「コナ」をはじめ現代車の価格があまりにも高いとし、値下げ案も用意してほしいと現代車に要求したと、ソウル経済新聞は伝えた。

 韓国自動車業界では北京汽車とダイムラーグループの合弁会社である北京ベンツの存在感が強まり、現代車の位置づけが悪化したとみている。

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/106/242106.html


現代車なんて実物は見た事ありませんね。
中国人も裕福になり、元々が見栄張りなのも手伝って
韓国車なんて乗りたくなくなったのかな。高すぎると感じる
価格設定ならいらないでしょうね。見栄用に欧州車、コスパで
日本車、安物なら自国の車で間に合わせる。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク