ポか~~ん国

韓国発の日本語ニュース、それを読むと「ポかーん」と口が開いたような気分にさせられる事がよくあります。そんな記事を中心に紹介。

技術

核心技術の開発と投資で韓国がグローバル強国としてもう一つの神話を創造するのではないかと期待する

【コラム】韓国の海水淡水化技術は未来の「ブルーゴールド」

--- 先頭部省略 ---

 技術の発展は市場を変貌させている。韓国企業が蒸留法で世界市場1位を守ってきたが、最近高効率のRO方式が好まれてフランスなど先進国主要企業が市場を主導している。技術力の尺度は、水1トンの生産に消費されるエネルギー量としてRO方式の世界水準は3.6キロワット時/トンに対し、韓国技術は3.9キロワット時/トンだ。韓国はトップと約87.4%、2.4年の技術格差を示していて、これを克服するためのR&D投資など多くの努力が必要とされるがまだ道のりは長い。世界の主役になるためには何をするべきだろうか。

続きを読む

東芝の半導体事業に食指をのばす韓国メーカー

SKグループ会長が訪日 東芝半導体事業買収へ働きかけ

20170424-4 韓国の主要財閥、SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長が24日、経営再建中の東芝が分社化した半導体新会社「東芝メモリ」(東京都港区)の買収に向けた方策を模索するため日本を訪問したことが分かった。最近「攻めの経営」の姿勢を打ち出しているSKグループは、東芝メモリを買収することで、グループの主力企業となったSKハイニックスのNAND型フラッシュメモリー事業を強化したい考えだ。


続きを読む

液化天然ガス(LNG)船技術の特許登録 日本企業の異議認められず

大宇造船のLNG船技術の特許登録 日本企業の異議認められず 



 韓国造船大手の大宇造船海洋は24日、日本で特許登録した液化天然ガス(LNG)運搬船の主要技術をめぐり日本企業が申し立てていた異議を日本特許庁が認めなかったことを明らかにした。

 この技術は自然気化する蒸発ガスを冷媒にLNGを再液化するもので、船舶の維持と運営コストを削減することができる。大宇造船は2012年に韓国で特許出願し、2016年6月に日本でも登録した。これに対し日本企業が特許庁に異議を申し立てた。 

 大宇造船は、特許庁が「ライバル社(日本企業)が提出したすべての証拠を採用せず、大宇造船の技術の独創性を認めた」と説明した。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/04/24/0400000000AJP20170424001100882.HTML


「何かもどかしいような気分になりますね。今までが今までだけに」


北朝鮮軍の長距離砲を無力化する「対砲兵探知レーダー II」を韓国の技術で開発した

北朝鮮の砲撃拠点をリアルタイムで探知 新レーダー開発=韓国

 韓国の防衛事業庁は24日、韓国首都圏を狙う北朝鮮軍の長距離砲を無力化する能力を備えた「対砲兵探知レーダー II」を韓国の技術で開発したと発表した。来年から戦力化するという。

 このレーダーは総額約540億ウォン(約53億円)の事業費と5年5カ月の歳月をかけて開発された。有事の際に北朝鮮軍が韓国に向けて長距離砲を撃った場合、飛んでくる砲弾を探知すると同時に飛行軌道を逆追跡して長距離砲の位置を突き止め、その情報を韓国側の砲兵部隊に自動で知らせる。部隊はこれを基に、北朝鮮軍の挑発拠点をほぼリアルタイムで破壊できる。

続きを読む

火星に行く心配をする前に宇宙船を作れるかを考えなきゃ

韓国が開発した宇宙船、火星に行けるだろうか

「韓国宇宙船、いよいよ火星へ行く」

 果たして、いつかは新聞でこのような見出しを目にすることができるだろうか。当面は夢のような話だ。だが、韓国でも宇宙産業への挑戦は活発だ。

今年、韓国政府の宇宙開発予算は6703億ウォン(約644億4500万円)で、最大の宇宙産業国である米国の60分の1水準だ。中国〔61億ドル(約6662億円)〕はもちろん、日本(36億ドル)に比べても非常に少ない。
 続きを読む
スポンサーリンク
最新コメント
韓国予備知識
反応サイト等で韓国人がよく使う用語

【チョッパリ】
私たち日本人を指す蔑称。
和装の時に履く足袋がブタの爪みたいだとの理由から。

【日王】
我が国「天皇陛下」をあえて蔑む意味を込めてそう呼ぶ。 これは一般人だけでなく、現地メディアも使用しています。

【東海】
日本海の事。
「日本」という二文字入っているから気に食わない。世界中の地図や呼び方を東海(East Sea)に変えるべく、嫌がらせのような行為が続いている。

※すぐに思いついたものだけを記載しました。
また気づいたら追加してまいります。
記事検索
アーカイブ

PAGE TOP