ポか~~ん国

韓国発の日本語ニュース、それを読むと「ポかーん」と口が開いたような気分にさせられる事がよくあります。そんな記事を中心に紹介。

相互リンク・相互RSS 大歓迎!募集中です。

ブログ・アンテナサイト運営者様、当ブログでは相互リンク・相互RSSを設定・
設置して下さるサイト様を募集しております。

「考えてやるよ」というサイト様はこちらをクリック

百済

巧妙に拡大を続けてきた韓国・朝鮮国家。ついで、彼らが狙うのは、ひとつは対馬であろう

古代から巧妙に膨張するコリアン国家



続きを読む

韓国人約700人と日本人約300人の1000人余りが百済の遺跡地を共に歩く

百済の古都で来週ウオーキングイベント 韓日の約1千人参加



続きを読む

「朝鮮半島有事」への教訓 “深入り”して逆に後世に禍根を残してはまずい

「朝鮮半島有事」への教訓 “深入り”して逆に後世に禍根を残してはまずい



続きを読む

百済文化の影響を受けて花開いた日本の文化に接する訪日プログラム

韓国・公州の高校生501人 日本で百済文化探訪



続きを読む

山口市の姉妹都市「韓国光州市の親善交流訪問団」が『百済文化と大内氏』をテーマに文化遺産などを視察

山口市の姉妹都市 韓国公州市から訪問団

yamaguchi-city

続きを読む

歴史修正主義勢力は親韓派である明仁天皇の警告を聞け

明仁天皇「戦争できる日本」に座を投げ打ち警告

 今年5月は日本の未来に決定的に重要な時期だ。3日は日本平和憲法が公布されて70周年になる日だった。安倍晋三首相はこの日読売新聞とのインタビューで、「東京五輪が開催される2020年を『新しい憲法』が施行される年にしたい」と述べ初めて憲法改正スケジュールを具体的に示した。一生の目標である憲法改正を本格始動するという宣言だ。安倍首相は明治維新150周年を迎える2018年を前後して平和憲法を改正し、日本を「戦争のできる普通の国」に変えようと長い間準備してきた。

続きを読む

韓国の高校生が百済文化の影響を受けて花開いた日本の地を訪問する

韓国・公州市の高校生 日本にある百済文化探訪へ


探訪プログラムのポスター

 韓国中部、忠清南道公州市の高校生が日本の百済文化ゆかりの地を訪問する。

 公州市は2日、百済文化の影響を受けて花開いた日本文化に接する機会を提供するため、市内の高校生を対象とする歴史探訪プログラムを実施すると発表した。

 プログラムは大阪、京都、奈良の史跡などを巡る3泊4日の日程で行われ、参加費の一部を市が支援する。今月から11月にかけて、市内の高校7校の生徒926人と教師66人が参加する。

 市関係者は「日本にある百済の遺跡を回りながら百済文化に対する誇りを高め、正しい歴史認識を持つ契機になると期待している」と述べた。

 公州市は百済の古都で、2015年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録された百済歴史遺跡地区の一部が市内にある。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/05/02/0400000000AJP20170502003600882.HTML


「目的は分かっています。『未開なチョッパリに文化を与えてやったから日本は発展した』
これをやりたいのでしょう。韓国と百済は場所が共通するだけで関係ないし、日本に文化が
無かったから取り入れたわけではない。とにかく過去は自分たちの方が発展していたと
設定したいようだか、ヤメロ。腹の立つのはもちろん、そんな事実は無いのだから。」



スポンサーリンク
最新記事
アクセスランキング
最新コメント
記事検索
ピックアップ
韓国予備知識
反応サイト等で韓国人がよく使う用語

【チョッパリ】
私たち日本人を指す蔑称。
和装の時に履く足袋がブタの爪みたいだとの理由から。

【猿(さる)】
これも上と同じ日本人の事。
この認識が韓国全体に有るため、こういうパフォーマンスが成立します。

【日王】
我が国「天皇陛下」をあえて蔑む意味を込めてそう呼ぶ。 これは一般人だけでなく、現地メディアも使用しています。

【東海】
日本海の事。
「日本」という二文字入っているから気に食わない。世界中の地図や呼び方を東海(East Sea)に変えるべく、嫌がらせのような行為が続いている。

【親日派】
本当の意味の「親日派」などは存在しない。 自分達の気に入らない相手に対するレッテル貼りで、韓国内では最悪の蔑み言葉。

【戦犯国・戦犯旗】
世界のどこにも存在しない彼らだけの語句。 日本国と旭日旗の事をこのように呼んでいます。韓国メディアも堂々と使用しています。

※すぐに思いついたものだけを記載しました。
また気づいたら追加してまいります。

PAGE TOP