ポか~~ん国

韓国発の日本語ニュース、それを読むと「ポかーん」と口が開いたような気分にさせられる事がよくあります。そんな記事を中心に紹介。

THAAD

韓国紙「韓中関係の改善は?」→ 中国のネットユーザー「関係改善以前に、韓国はまずTHAADを撤去して誠意を見せるべき」

THAAD:韓中関係改善の兆し、中国ネットの反応は…

 韓国の新政権発足と特使派遣による外交で、韓中関係が改善の兆しを見せる中、中国のネットユーザーの多くは「THAAD(終末高高度防衛ミサイル)の韓国配備をめぐる韓中の対立が解決しない状況で、両国関係の改善は時期尚早」と考えていることが分かった。

 21日、香港フェニックステレビの電子版「鳳凰網」が北京TVを引用して報じた「韓中関係は雪解けムードに見えるか」と題する記事で、コメント欄には多数の中国人ネットユーザーから韓中関係改善への否定的な意見が寄せられた。

続きを読む

ソウル大学教授「中国政府の意識水準が21世紀ではなく19世紀にとどまっている」

【中央時評】中国の中途半端な崛起

 強大国の歴史に照らしてみるならば中国の崛起は例外的だ。近代以降最強大国は1人当たり所得の面で最高水準だったかそれに近接した。スペイン、英国、米国がみんなそうだった。しかし中国は1人当たり所得は低いが人口が多いので大国になった。中国の人口は世界の人口の20%ほどで米国の4倍水準であるのに対し、1人当たり所得順位は190カ国あまりのうち70位圏にとどまっている。もし中国が最強大国になるならば発展段階が低い国が世界を主導する近代史で初めてのことが起きるわけだ。

続きを読む

韓国、北朝鮮ミサイルの核心情報を米軍からもらえず

せっかくTHAADを置いたのに…韓国、北朝鮮ミサイルの核心情報を米軍からもらえず

 2017年5月17日、韓国・聯合ニュースなどによると、北朝鮮が発射した中距離弾道ミサイル(IRBM)について、駐韓米軍が探知・把握した情報のうち肝心な部分を韓国軍に提供していないことが分かった。

 報道によると、駐韓米軍は14日早朝のIRBM「火星12型」発射について、先に韓国国内に配備した高高度防衛ミサイル(THAAD)のレーダーで探知、発射の事実を韓国軍に電話と口頭で伝えたという。韓国軍関係者は「米軍との間でリアルタイムにデータを共有するシステムを構築中だが、まだ構築が完了していないため、今回はレーダーが探知したデータを口頭で受け取ったものと承知している」と話している。米韓両軍が相互にデータを共有するためのシステム「リンク16」は、今年いっぱいで構築が完了する予定だ。

続きを読む

ここがトランプと習近平に教えてやるべき歴史の現場だ

【コラム】「死ななければ分からない」韓国人

 韓国政府が高高度防衛ミサイル、すなわちTHAADを配備するプロセスを見て憤慨した将官はかなり多い。「自分の命を守る武器を、町中大騒動しながら運び込む国は地球上にはない」という。静かに慶尚北道星州へ配備すればいいものを、逐一情報を公開し、雑音を生むばかりだったというわけだ。

 何かにつけて「国民の知る権利」を持ち出す常連が、この隙に乗じて登場した。もっともらしく見えるが、これは無知の告白だ。存亡が懸かった危機において最高の正義は、国を守ることだからだ。北朝鮮のミサイルがいつ飛んでくるか分からない状況で行われる「知る権利」の主張は、「生きる権利」の放棄にほかならない。


続きを読む

韓国はもう無視してもかまわない弱小国ではなく強小国に成長した

【コラム】中国よ、米国よ、韓国が屈すると思うのか

 弱者を苦しめる強者は卑劣だ。この世は汚く、卑劣なものだ。選挙の前後にはなおさらそうだ。冬の聴聞会で正義の使徒のふりをした14人もそうであり、高高度防衛ミサイル(THAAD)をめぐる米中の動きは見苦しい。人生でも外交でもやはり永遠の敵や同志はいない。

 もともと見出しに米国はなかった。トランプ米大統領のあきれるような発言リレーを見て入れることになった。THAAD論争はもうつまらない。異例に機敏に動いた韓米政府のおかげで配備は既成事実化した。トランプ大統領がTHAAD配備費用分担を実際に要求してくればどうなるのか。

続きを読む
スポンサーリンク
最新コメント
韓国予備知識
反応サイト等で韓国人がよく使う用語

【チョッパリ】
私たち日本人を指す蔑称。
和装の時に履く足袋がブタの爪みたいだとの理由から。

【日王】
我が国「天皇陛下」をあえて蔑む意味を込めてそう呼ぶ。 これは一般人だけでなく、現地メディアも使用しています。

【東海】
日本海の事。
「日本」という二文字入っているから気に食わない。世界中の地図や呼び方を東海(East Sea)に変えるべく、嫌がらせのような行為が続いている。

※すぐに思いついたものだけを記載しました。
また気づいたら追加してまいります。
記事検索
アーカイブ
アクセスランキング

PAGE TOP